最新PC関連の記事一覧


07/10

リビングにはパソコンを置いていなかったのですが、やはりちょっとした検索やプリンタへ印刷を行う際にはAndroid端末である光BoxよりもWindowsパソコンの方が操作に慣れている分楽なのは確かです。
なので、私が嫁の家に転がり込んできた頃(笑)、パソコンベースの生活を送っている私の為に(?)当時購入してくれたデスクトップPCを改めてメンテナンスして設置しました。

DSC01128

かなり古いPCで、Windows XPモデルのVaio Type Hです。メモリだけ512MBから1.5GBへ増強してあります。もうすぐXPのサポート終了も間近だというのに、ブラウジングとローカルの動画データの閲覧のみの利用に制限して来年まで引っ張ろうという魂胆です(笑)。

元々付属の液晶ディスプレイにもDVI出力なので、AmazonベーシックのDVI-HDMI変換ケーブルを使って、REGZA J7へ接続しました。問題なく認識~画面表示できます。
しかし、Windows XPをこんな大画面・解像度で見る事は少ないので、ちょっと違和感がありますね(笑)。

DSC01131

まず、リビングで使う為に購入したのは、キーボードです。付属のキーボードはワイヤードなので、リビングで使う分には少しどころではなくかなり不便です(笑)。自宅内のキーボードとマウスはほとんどがロジクール製なので、できれば使い回せることも考慮して同じメーカーのものを購入しました。

Logicool® Wireless Touch Keyboard k400
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/wireless-touch-keyboard-k400r

Logicool Wireless Touch Keyboard k400r

購入したキーボードはロジクール K400rです。書斎でも使っているキーボードと同じunifyingに対応しているキーボードです。
このK400rの最大の特徴はタッチパッド搭載タイプだということ。せっかくリビングでワイヤレスで使うのに、キーボードとマウスの2つを持ってウロウロするのはちょっとやりにくいなと思って、1つで完結できるK400rにしました。

Logicool Wireless Touch Keyboard k400r

このタッチパッド部分は安価な機種ながらもマルチタッチ対応で、ピンチイン・アウトなども反応します。これは嬉しい誤算ですね。感度もそれほど悪くない感じでした。
ただ、このタッチパッドの模様?は要らなかったかな(笑)。もっとシンプルで良かったのにと思いますが…。

Logicool Wireless Touch Keyboard k400r

キーボード上段にはリビングでよく使いそうな機能が予め独立してボタン配置されています。一番左のマウスアイコンのボタンは右クリックボタンでしょうか。私の環境では反応しませんでしたが…。キーボードを両手で持ちながらでもマウス操作ができるような配置になっています。

Logicool Wireless Touch Keyboard k400r

Logicool Wireless Touch Keyboard k400r

動作は単三2本です。背面にはレシーバーを格納するスペースもあります。稼働時間の公称値は1年ということですが、リビングであればあまり使わないと思うのでもっと使えるかもしれませんね。レシーバーをUSBポートに挿す際に干渉する可能性があるので、USBのアダプタも付属しています。

使ってみた感想としては、ハードなタイピングでの文書作成や長文メールには向かないような感じですが、あのサイズ(354 x 135 x 23.8)であのキーの大きさをキープ(ピッチ 18.5mm)していたり、キーストロークも深めになっている(ストローク 2.5mm)ので、個人的には使いやすいですね。
私はPC側の電源オプション設定で、電源ボタンを押した時の動作を「シャットダウン」にしておいたので、K400rで離れたところからPCを忘れずにシャットダウンできるように設定しておきました。
HOMEボタンを押すと、ブラウザが起動するのも便利ですね。

これでテレビから離れた場所で、楽な姿勢でブラウジングが可能になりました。



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





07/02

Windows 8は既にPanasonic Let'snote CF-AX2で使っていますが、やはり気になるのは他の方々と同じ「スタートメニューボタンが無い」事ですね。さすがにもう何か月も使っているので体が慣れてきましたが…。
と思っていたら、Windows 8.1がリリースされ、そちらではスタートメニューが復活するとのことで、少し気になっていたところ、ISO形式でのダウンロードが公開されていました。

Windows 8.1 Preview ISO ファイル - Microsoft Windows
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-8/preview-iso

Windows 8.1 Preview

ダウンロード出来るのは、Windows 8.1 Previewというプレビュー版で、リリース前の最終版です。実際にリリースされる時はこのバージョンとは仕様が違っている場合がありますね。

一応、ダウンロードしておきました。ダウンロードしたのは良いですが、インストールして試す時間があるのかどうかの方が問題ですね(笑)。
と職場で話していたら、すぐに後輩がMacbook Airに仮想でインストールして試してみてくれていたようなのですが、私が想像していたような従来のスタートメニューでは無かったようで、少し残念。とは言ってもこの『人柱』気質はシステム系の仕事に従事している人間の共通気質なのでしょうか(笑)。

Windows 8.1 Preview

確かにスタートメニューらしきアイコンがありますね。

Windows 8.1 Preview

右下には評価版を示すロゴが表示されています。Build番号は9431。

Windows 8.1 Preview

ただ、このスタートメニューですがクリックするとWindows 7と同じようなスタートメニューがツリー表示されるわけではなく、Windows 8のスタートボタンを押した時と同じ動作になるだけでした。

Windows 8.1 Preview

少し想像していたのと違っていたのですが、スタートメニューアイコン上で右クリックすると各機能にすぐにアクセスできるようになりました。チャームを呼び出したりする必要が無いのは便利かもしれませんね。

Windows 8.1 Preview

ちょうど持っていたPanasonic Let'snote CF-AX2と並べてみましたが、外観にほとんど差異は無し。細かいところの修正や、SkyDriveとの連携強化がポイントのようですが、まだ私はその恩恵にあやかってませんね(笑)。

Windows 8.1 Preview

正式リリースされれば、恐らくインストールすることになるとは思うのですが、今の時点ではまだインストールしなくても良いかなという感じでした。



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





02/05

先日、PanasonicのCF-AX2を手に入れる機会がありましたが、絶賛愛用中です。このサイズでハイスペック、タブレットにもノートパソコンにもなってWindows 8と、今のわたしのニーズに当てはまって活躍してくれています。
もちろんAndroidタブレットは専用の活躍の場があって、うまく使い分けるようにしています。Google & Evernoteアカウント万歳です(笑)。どの機器でもすぐに同期して続きができるのはいいですね。

IntelのUltrabook専用のキャンペーンのページを見つけて応募してみたところ、見事に当選しました。ありがとうございます。「毎週400名」ですぐに当選メールが届いたという事はそれほどUltrabookは売れていないんですかね?

Welcome to your Ultrabook™
http://japan.intel.com/software/ultrabook.solution.pack/

Welcome to your Ultrabook

Welcome to your Ultrabookダウンロードできるのは、「シド・マイヤーズ シヴィライゼーションV」というゲームと、「PowerDirector 11 Deluxe」「PowerDVD 12 Standard」「PhotoDirector 4 Ultra」というCyberLink社の売れ筋ソフトウェア、「Promise Mail for Windows」というスケジュール系アプリです。

Welcome to your Ultrabook

Welcome to your Ultrabook

cyberlinkdownloader当選すると専用サイトのアドレスとIDをもらえるので、サイトにアクセスして簡単なアンケートに答えた後、各ソフトウェアをダウンロードします。CyberLinkのソフトウェアはインストーラをダウンロードするためのツールを先に手に入れる形のようです。

CF-AX2にさっそくインストールしてみました。Windows 8は標準でMPEG2のコーデックをサポートしていない(Pro版はWindows Media Centerの機能を追加することでサポート)ので、PowerDVDは素直に必要なソフトウェアの1つ。これが当選したとはいえ、無料で手に入ったのはうれしいですね。

powerdvd

少し前にgomaさんが紹介されていて、その高機能さに購買意欲をそそられていたPhotoDirector 4も同梱されています。

photodirector

また、静止画のPhotoDirectorだけでなく、動画のPowerDirectorも入っているのはうれしかったです。外出先で撮影したデータのほとんどを編集することができますね。

他にも受信したメールの内容からWindows 8のカレンダーに自動登録してくれるソフトウェア「Promise Mail」やゲーム「シド・マイヤーズ シヴィライゼーションV」も一緒にダウンロードしておきました。
ダウンロード自体もダウンロード数が4500に達すると自動的に終了になるようなので、当選した場合もお早めにダウンロードをお勧めします。



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





01/30

先日、同じモノフェローズのRGB400さんのお宅にお邪魔させていただく機会がありました。私個人は本当に宝の山のお部屋で、一日中こもっていても飽きない位でした(笑)。お忙しい中お邪魔してしまい、ありがとうございました。既にご自宅内で不要となった、NASをいただけるとの事で図々しくも飛びついてしまいました。

頂いたNASは、BUFFALO TeraStation HS-D1.6TGLです。

ハードディスク|HS-DTGL/R5シリーズ
http://buffalo.jp/products/catalog/item/h/hs-dtgl_r5/

TeraStation HS-D1.6TGL

前面は大きなサークル上のアクセスランプが並び、シルバーの筐体が特徴的です。本体の大きさは現在発売されているTeraStationとほぼ変わらない大きさです。
内蔵するHDD自体の大きさが変わっていないので、格納する本体もそこまで大きな変化はないですね。当たり前ですが。

TeraStation HS-D1.6TGL

TeraStation HS-D1.6TGL接続は電源とLANを挿すだけです。ギガビットイーサネットを搭載してはいるものの、さすがに現行リリースされているNASと比べると、DHCPでIPアドレスを取得する時間や、各設定ページの表示は遅かったりしますが、通常のファイル運用は可能です。USB端子を背面と全面に2つずつ搭載しているので、USBのHDDを接続して増設する事も出来ます。
プリントサーバ機能もあるので、ネットワーク機能が無いプリンタも接続して利用できます。

接続してローカルネットワーク上に認識されると、専用のクライアントユーティリティでHS-D1.6TGLを探せるようになります。また、エクスプローラ上にNASがコンピュータとして見えるようになります。こうなると、ファイルをアップロードできるようになっていますので、USB接続のHDDと同じように使えます。

TeraStation HS-D1.6TGL

ブラウザでアクセスすると、ディスクの管理やRAIDの設定、共有フォルダ設定等の詳しい設定が可能です。旧モデルながら今でも通用します。ファームウェアのアップデートでDLNAに対応してくれているのもうれしかったですね。
さすがに背面の排熱ファンが大きいので、回転音は聞こえる感じですが、それほど気にならないレベルです。RAIDは1と5しか対応していませんが、5で運用しておけば最悪の事態は免れそうです。
たまたま、最新のNASをお借りした後だったので、HDD内へのアクセススピードやインターフェース等は見劣りしてしまう部分は有りますが、通常のファイル運用であれば何ら問題ないレベルです。
RGB400さん、本当にありがとうございました。大切に使わせていただきます。


にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





01/10

いつもブログや記事を書いている時に、撮影した写真やスクリーンショット等を一緒に載せるのですが、その際にいつも面倒なのが「画像のリサイズ」です。Photoshop等で画像補正等を行う場合は一緒にやってしまうので良いのですが、リサイズだけだとわざわざPhotoshopで…というのも面倒です(バッチ処理で何とかはなるのですが)。

そこで見つけたのがこの記事でした。

右クリックメニューに画像変換機能を追加できるWindows用ツール『SendTo-Convert』 : ライフハッカー[日本版]
http://www.lifehacker.jp/2013/01/130110sendtoconvert.html

さっそく試してみることにしました。まずは公式サイトからプログラムをダウンロードします。ダウンロードは「Software」ページから可能です。日本語にも対応しています。

SendTo-Convert - Vieas Web
http://www.vieas.com/en/software/stcon.html

SendTo-Convert  2.6.2.1

SendTo-Convert  2.6.2.1インストールはウィザード形式に従ってインストールするだけです。私の場合は「「送る」メニューに登録」と「デスクトップにアイコンを作成」の2つのチェックを有効にしておきました。

SendTo-Convert  2.6.2.1

SendTo-Convert  2.6.2.1

インストール完了後、デスクトップのショートカットから起動してまずは設定だけをしておきます。私はリサイズをしたかったので、「縮小」のチェックを有効にして「長辺」を700pixelsに設定しました。「長辺」にしておくと、画像の向きが縦でも横でも長い方を基準にして縮小してくれるので便利です。

SendTo-Convert  2.6.2.1

後の使い方は簡単です。変更した画像を右クリックして、送るメニューからSendTo-Convertをクリックするだけです。「出力形式」を「実行時に選択」にしているので、画像フォーマットをクリックするだけで変換・縮小して出力してくれます。「出力フォルダ」の「サブフォルダ」を有効にしていると上書きされることもなく、別フォルダの中に自動保存されていくので便利です。

SendTo-Convert  2.6.2.1

出力が完了すると、設定通りに「Output」フォルダが自動作成され、その中にリサイズされた画像が出力されました。

SendTo-Convert  2.6.2.1

リサイズする為だけにアプリケーションを別途起動することもなく処理できるのは便利ですね。ちなみに「送る」メニューから処理を行うので、何と複数画像をまとめて処理することも可能です。同一フォルダ内にある画像ファイルを複数選択し、SendTo-Convertに送ると一括で同じ処理を行ってくれます。これが何気に便利でした。
ちょっとのことを助けてくれるこういったソフトはありがたいですね。




カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告