最新レビューの記事一覧


06/17

元々、私がガンダムという作品が好きなのは自他ともに認めるところですが、最近のガンダムシリーズは初期シリーズのストーリーが好きだった私にとってどうしても馴染めない部分がありました。しかし「逆襲のシャア」からの流れで創られたユニコーンシリーズはすべて観ています。
玩具系やプラモ系には最近手を出していなかったのですが(食玩はちょこちょこ買い足していましたが)、バンダイプレミアムのサイトで抽選販売だったものを見つけ、応募しておいたところ購入できました。

【抽選販売】ROBOT魂 ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver. | プレミアムバンダイ | バンダイ公式通販サイト
http://p-bandai.jp/item/item-1000084535/

【抽選販売】ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.
ROBOT魂のユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.です。下は装備無しの状態です。

【抽選販売】ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.
パッと見たところ、通常で販売されているユニコーンガンダムと変わりがないように見えますが(サイコフレームが覚醒版でグリーン系統で塗られている以外は)、重塗装Verというだけあってか、

【抽選販売】ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.
白の装甲部分がすべてパール加工で仕上げられています(一部装甲裏面等は通常整形色のまま)。
結果、全体的にぼんやりと光った感じがかなり恰好良いですね。
ですが、私の撮影テクニックでは、この綺麗なパール塗装が上手く撮影できないので、まったく伝わらないのが非常にもどかしいです(笑)。

【抽選販売】ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.
今回購入したものは塗装だけが通常販売とは違っているだけで、中身は今までのROBOT魂と同じなので、やはりよく動きます。腕の肘関節もこの通りです。

【抽選販売】ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.
特別な可動ラインや装甲の別パーツ化を行っていないのに、かなり脚も良く動きます。

【抽選販売】ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.
平手などの表情がある手も別パーツで付属しているので、かなり遊べますね。

【抽選販売】ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.
【抽選販売】ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.
付属している武器類は、シールド(通常時から変形可能)、専用ビームライフル、バズーカ、ガトリングガン×2、銃のマガジン類、ビームサーベル×2等です。

【抽選販売】ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.
【抽選販売】ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.
ガトリングガンは一丁ずつ手に持たせることも可能ですが、やはり印象的なのは、このシールドと組み合わせた装備ですね。これも一部差し替えで再現可能になっています。

【抽選販売】ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.
劇中にはこんなシーンはありませんでしたが、武器が豊富に付属していて、さらにフル装備できるので、こんな感じにも。

【抽選販売】ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.
破損防止のためか、軟質素材でできたアンテナパーツも付属していたのですが、この軟質素材のせいか、私が購入した分では成型が甘いのかいびつな形になっていたので、硬質タイプのものにしておきました。軟質版の方が万が一倒れても破損を避けられるので良かったのですが(笑)。
私の今の自宅環境の場合、これから「壊される確率」が他のお宅よりも飛躍的に上がっていくはずなので(笑)。

【抽選販売】ROBOT魂 <SIDE MS> ユニコーンガンダム(デストロイモード)重塗装Ver.
最近のオモチャって非常に凝っていて、ギミックも細かく作り込まれているものが多いですね。私の子供の頃だと実際のテレビで観ているものと、コマーシャルで見ているオモチャと、実際に購入したオモチャの完成度の差はかなりあって、ガッカリしたことも多かったのですが、最近はその差がかなり縮まっている気がします。
その分、対象年齢が上がりすぎている気もしますが…。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





06/04

リコーのTHETAを数日間お借りして、色々と撮影してみました。ただし、数日間という限定された中でどこかイベントに参加したという訳でもなく、日常の仕事を黙々とこなしていましたので、その中で使ってみたというだけですが(笑)。

RICOH THET
https://theta360.com/ja/

ちょうどお借りした日に職場の方が産休に入られるという事で、全員で記念に集合写真を撮ろうという話になり、「ちょうどTHETAがある」事を思い出したので、初撮影してみました。撮影は職場の一室で、蛍光灯の照明のみ、時間は夕方だったので外部からの太陽光等はほとんど無しの状態です。

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA


上は公式サイトである、https://theta360.com/ja/ から、THETAの専用ソフトウェアを公式ページからダウンロードしてPCにインストールして、そこからアップロードしたものです。

RICOH THETA
このソフトウェアを使うと、撮影した画像が加工されて、360度グリグリとマウスで動かして見れるようになっています。
この上の画像内で、何故モザイク処理が出来ているのか?と言う疑問には後で書きます。

自宅への帰宅途中にて。 - Spherical Image - RICOH THETA


通常は出来上がりを期待して、THETA片手にパシャパシャと撮って、自宅に帰ってからPCで見てみる…というのがベースとなる使い方なのかもしれません。スマートフォンはまだ誰しもが持っているものではないので。
しかし、公式サイトのアカウントは現在はFacebookアカウントでのログインしか出来ないので、アカウントを持っていない人は要注意ですね。THETA自体が使えないという訳ではありませんが、FacebookをPCのみで利用しているという人の方が稀有な存在だと思いますし、この辺りが矛盾しているような気がします。

RICOH THETA

サイトへログインすると、自分がソフトウェアからアップロードした画像がサムネイルで表示されています。各画像をクリックすると大画面で確認でき、「埋め込みコード」を表示させて私のブログのようにHTMLタグとして貼り付ける事も可能です。

RICOH THETA

ですが、スマートフォンとの連携も念頭に置いて作られています。スマートフォンとWi-Fi接続で連携し、THETA内部の画像をスマートフォン側にダウンロードしたり、SNSで共有できるようになっています。「撮ったその空間をその場で共有できる」のは便利ですね。スマートフォンとタブレットで試してみたのですが、操作と連携は圧倒的にスマートフォン、タブレットでは撮った画像をグリグリと動かしながら複数人で見る為には最適だと思いましたが、アプリはあくまでスマートフォン用のインターフェースなので、少し画面サイズが大きいと操作しにくい場面もありました。

RICOH THETA

RICOH THETA

また、THETAから転送した画像はAndroidの場合、通常のギャラリーには表示されません。この公式アプリから表示させると、360度視点の画像としてサイト上と同じように表示できるようになっています。

RICOH THETA

結果、THETAを使わないようになっても、アプリをインストールしておかないと、画像を他の人に見せてあげる事が難しくなってしまいますね。サイトへのアップロード以外にも実行形式でのファイル変換や、メールでの添付に対応してくれるとさらに広がると思いますが。
私の環境下だとGALAXY TAB 7.7 PlusとのWi-Fi連携は相性が悪かったのかもしれませんが、何度かここぞという時に認証成功してくれない時がありました。GALAXY S III αだと問題なく認証してくれたのですが。

インドアな私のせいでほとんどが屋内で撮影しています(笑)。カバンの中に持ち歩きながら、気になった時にさっと取り出してさっと撮影、さっとカバンに放り込むという事を何度か繰り返してみました。

自宅への帰宅途中にて。 - Spherical Image - RICOH THETA


電源ONからの撮影までのレスポンスは非常に良好です。液晶やその他デバイスが無い分、起動時の処理は少ないのかもしれません。胸ポケットからさっと取り出して空にかざして撮影する姿は、ますますハヤ○隊員です(笑)。
カメラとしての画質は、やはり360度という画角が画質に制約を作ってしまっていると感じてしまう部分がありますね。露光はスマートフォンからのリモート撮影時のみ変更して撮影できますが、本体のみの撮影の場合は出来ません。つまり上のようなスタンスで撮影する場合は、設定は完全に固定になります。
感度も完全にオートモードでの撮影のみになっています。結果、室内ではISO感度が低かったり、デジタル一眼レフのRAW画像を見慣れた人にとっては、ちょっと物足りない画質と言わざるを得ません。

飲み会でも雰囲気優先で良ければ使えるTHETA。 - Spherical Image - RICOH THETA


ですが、その場の雰囲気や空気感は、ダントツです。
このRICOH THETAですが、真っ先に思いつく使い方が、「広い場所を大きく捉えた撮影」だと思うのですが、ここは敢えてインドアの私らしく室内で使ってみました(笑)。私の書斎です。

RICOH THETA
こんな感じで三脚にセットして部屋の中央に設置し、Wi-Fi接続で、他の部屋に私は退避してシャッターを切りました。結果は下です。

よし…何も卑猥なモノは写っちゃいないな(笑)。私の秘密基地、360°で大公開(笑)。マンフロットの三脚に固定して、Androidタブレットから別部屋でリモート撮影。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


部屋内の紹介が一度で済むのは非常に便利ですね(笑)。紙面でこれを表現するという訳にはいきませんが。
他にも使ってみたのは、個人的なコレクション紹介に使えるのかもと思い撮影してみました。

メーカーさんに数日だけお借りしたTHETA、自分にはあまり使い道が無かった…。数日ではどこかに出かけるということも無かった…。 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


このジョジョの奇妙な冒険の超像可動フィギュアですが、下のような感じでTHETAの周りに配置しています。

RICOH THETA
RICOH THETA
RICOH THETA
配置後、先程の部屋撮影と一緒でリモートで撮影しました。

RICOH THETA
このフィギュアの撮影をしていた気付いたのは、やはり2つのレンズの画像が合わさる部分の画像処理です。同じフィギュアの画像ですが、下の画像を見てもらうとわかると思います。

露出光量…±0 時での撮影。 - Spherical Image - RICOH THETA


ちょうどフィギュアの腕の部分がレンズの画像の結合部分になっていて、結果画像が切れてしまっている事に気付くかと思います。上のような配置にしているとそれは発生しませんでした。
集合写真等を撮影する際に、少しだけ注意した方が良さそうですね。思わず心霊写真になってしまう可能性がありますし(笑)。

RICOH THETA
また、前述のモザイク処理に関しては、THETA本体内のデータが通常のJPEG画像になっているので、Photoshop等でモザイク等の処理を行った後、PCソフトウェア経由でアップロードしたものでした。これが可能なら、画像に注釈を付けてアップロードして共有する事で、色々使えそうです。こんな感じで共有したりできれば…。

画像一枚で連絡したい内容を一度に…の例。 - Spherical Image - RICOH THETA


まぁ、これはあくまで例なのですが(笑)。THETAで撮影してスマートフォンに転送、転送先のスマートフォンで画像を編集・注釈を追加、サイト経由で画像を共有…といった具合にスムーズに作業できれば、使い方の幅は拡がると思います。

後は、やはり感度が悪い分、周囲を明るくするためのLEDライトが欲しいと思いました。私のようなシステム系の仕事でも「サーバー室内の配線をTHETAで撮影しておく」事で配線の行く末が辿れたりすると思いますが、フラッシュがあればと思いました。
スマートフォン上で感度を変更できるのですが、プレビューできないので、それも気にはなった点ですね。せめてリモート接続しているスマートフォン上だけでもプレビュー表示できれば良いと思います。
上の私の書斎を撮影した時に感度を変更して撮影しておきました。まずは感度変更無し。

RICOH THETA
最大まで感度アップ。

RICOH THETA
最小まで感度ダウン。

RICOH THETA
設定値を見る限りでは、F値は2.1で固定されているものの、ISO感度が100~280と変化し、シャッタースピードも1/250~1/30まで変わっていることがわかります。

アウトドアだけでなく、インドアでも十分に使い道を模索できるカメラだと感じましたね。ユーザー側が創作意欲を掻き立てられるカメラだと思います。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





06/03

取引のあるリコー様からご厚意でTHETAをお借りできました。発売当初から気になっているデジモノでもあったのですが、意外に展示している店舗が少ない事や、店舗内で試してみても使うシチュエーションがわからなかったので、そのままになっていました。
今回、数日間だけでしたが自宅環境や職場環境で試す機会を得ましたのでここぞとばかりインドアの視点から使ってみました。

RICOH THET
https://theta360.com/ja/

RICOH THETA
全体的にマットな質感の白い本体が印象的です。

RICOH THETA
レンズは両面に搭載されています。お互いに180度以上の視野角をカバーして撮影され、画像が合成されるようになっています。この写真だけ見ると、どちらが表なのかわかりませんね(笑)。そもそも表・裏という概念があるのかわかりませんが。

RICOH THETA
RICOH THETA
RICOH THETA
側面から見てみると、かなり歪曲したレンズが本体からはみ出ているのがわかります。この部分の保護カバーがあれば良かったのですが。上から被せるキャップのようなものでも。
さすがに剥き出しというのはカメラユーザーとして落ち着きませんね(笑)。専用のポーチが付属していますが、完全に衝撃をゼロにしてくれるものでもありませんし。
本体上部には何かの穴(スピーカー?マイクにも見えます)があります。

RICOH THETA
側面には電源ボタンとWi-Fiのボタンがあります。Wi-Fiのボタンは一度押すとデバイス接続モードになるので(この時は赤色で点灯)、スマートフォンから接続先としてTHETAを検索可能になります。

RICOH THETA
充電・内部データの通信には、底面のmicroUSB端子から行います。端子のキャップはありますが、防水仕様ではありません。本体中心線に沿って三脚穴が用意されています。

RICOH THETA
手に持った感じはこんな感じです。ちょうど親指の部分にシャッターボタンが来るように設計されています。

RICOH THETA
使ってみて思うのはこのスティック形状が良くも悪くもカメラに見られない事から、「怪しまれない」でしょうか(笑)。このTHETAで撮影する場合、自分の胸元で撮影すると、自分の背後が写らなくなってしまいます(自分の体でその後ろを遮ってしまう)。
結果、初代ウルトラマンのベータカプセルのように天にかざしてシャッターを押すことになるのですが、この格好がやけに恥ずかしいです(笑)。
まさにいざという時に取り出すので、余計に(笑)。

後はこのマットな質感です。この質感、実は以前に購入したことのあるデジモノでも採用されていたものでした。
それは「ASUS Eee Pad Slider SL101」です。この記事でも書いたことがあるのですが、この素材は擦れると摩擦で変色するタイプの物のようで、お借りしたTHETA本体のエッジ部分も多少変色し始めていました。
メタルを使うと重くなってしまうかもしれませんが、素材と質感にはこだわってほしかったところですね。

また、撮影したデータを頭の中で妄想展開するパノラマ写真のように360°展開して見れるようにするには、シャッターが簡単な分、ちょっと敷居が高いように感じました。それは次回。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





05/30

ほとんどのスマホユーザーの場合、1人1台なのでこの充電器の恩恵を受ける事は無いと断言できますが、私の場合、複数台を持ち歩いていることはデフォルトで、スマホ以外でも最近のデジモノの充電はUSB給電が可能な物が多いです。
身近な物だと、コンパクトデジタルカメラなどもUSB充電が可能になっていますね。私の持っているDSC-RX100もそうでした。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
そこで、もう既にネット上ではかなり話題になっていて私の知り合いのブロガーさんでも何人かが購入されていたりするのですが、ANKER 5-Port Desktop Chargerを購入してみました。
この「5-Port」「40W」「8A」という高出力の文字に魅かれたのです。

Anker 40W 5V / 8A 5-Port Family-Sized Desktop Charger
http://www.ianker.com/product/71AN7105-B5A

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
開くと箱の内側に「Thanks for choosing Anker!」と書かれていますね。こういうちょっとしたアクセント、嫌いではないです(笑)。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
内容物は、本体・電源ケーブル・取扱説明書のみです。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
本体は、タバコの箱とほぼ同等の大きさです。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
圧巻のポート数です。5ポートありますが、全ての同じ電圧が流れるのではなく、独自の技術「PowerIQ」を使ってUSBポートに接続された機器の最適な電圧を流すようになっています。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
背面はコンセントの接続部分があります。メガネタイプのコンセントで、形式さえ合えば延長も可能かもしれません。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
「ANKER」のロゴがエンボス加工で立体処理されていて、良いアクセントになっています。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
肝心の充電機能を試してみました。まずは、iPhone 5一台での充電。当然問題ありません。逆に言うとここで問題があると、欠陥商品になってしまいます(笑)。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
メインのスマホである、GALAXY S III α SC-03Eを2台目に接続してみました。ここでも問題なく2台とも充電できています。ちなみにケーブルはiPhone 5は純正ケーブル、GALAXY S III αは何と100円ショップのmicroUSBケーブルです。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
続けて3台目です。L-06D JOJOを同じ100円ショップのmicroUSBケーブルで充電してみました。ここでも問題無いようです。3台目で真価が発揮され始めてきました。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
4台目は、GALAXY TAB 7.7 Plus SC-01Eです。このタブレットは専用コネクタ形状での充電で、しかも通常のUSB充電では給電すらしてくれないという特殊電圧のタイプなのですが、何と4台目にも関わらず問題なく充電してくれました。すごいです。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
4台接続した状態です。この写真だけ見ると、ただのUSBハブにしか見えませんが、これを全て充電するアダプタというのが驚きです。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
最後はDSC-RX100です。5台目のデジカメも問題なく充電してくれました。5ポート全てを使っても問題なく充電してくれます。このアダプタ、本当にすごいですね。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
各ポートから出力されている電流が機器によって変わっているのかを調べてみました。GALAXY TAB 7.7 Plus SC-01Eを接続した場合、1.37Aを前後していました。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
続いてGALAXY S III α SC-03Eを接続した場合は、こちらに流れた電流は約0.9Aでした。ちなみにこの際のGALAXY TAB 7.7 Plus SC-01Eへ流れている電流の大きさは変わりませんでした。機器に最適な電流を個別に流していることがわかります。

Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載
「同時に5台も充電する人、そんなにいない」と思う方もいらっしゃるとは思いますが、最近では思わぬ機器がUSB充電だったりするので、持っていると意外に重宝します。

「旅行先の部屋での限られたコンセント数の中での充電」や、「職場でのPCでの充電の為の接続防止」等、用途は色々思いつきますね。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





05/30

chromecastを設定してみました。前回の記事はこちらです。まずはメインで使っているAndroidスマートフォンで試してみました。

Chromecast
http://www.google.com/intl/ja/chrome/devices/chromecast/

chromecast 日本語版
前回TVにchromecastを接続したところです。接続したchromecastが表記上下反対になっているのが非常に残念ですが…(笑)。

chromecast 日本語版
まずは、スマートフォン側に公式アプリをインストールします。インストール後アプリを起動すると、既に自宅Wi-Fi環境下にchromecastが設定待ちで待機状態にあることがわかります。
ここで少し疑問だったのですが、まだchromecast自体は自宅Wi-Fi環境に接続できていないはず(パスワード&MAC制限をしている)なのに、自宅Wi-Fi上で見つかったという表記は少し違和感を感じますね。

chromecast 日本語版
見つかっているchromecastをタップして、[設定]をタップして開始します。

chromecast 日本語版
chromecast 日本語版
接続が正常に完了すると、スマートフォン上で接続したchromecastが自宅のchromecastなのかを確認する為に、TV側に表示されているコードを目視で確認します。
医者でもよくありますが、本人確認の為に「○○さんですか?」「はいそうです」的な感じですね(笑)。

chromecast 日本語版
確かにリビングのTVでも同じコードが表示されていました。

chromecast 日本語版
恐らくここまでは、無線でのアドホック接続だったのかもしれません。ここでようやく自宅Wi-Fiの環境設定をchromecast内に設定します。
私の場合は、MACアドレスで制限をかけているので、ここで表示されたMACアドレスをルーターに登録・保存しておきました。

chromecast 日本語版
設定が完了すると、TVにも大きく準備が完了した旨の表示が出ました。

chromecast 日本語版
スマートフォン上でも準備が出来ているようです。

chromecast 日本語版
まず試してみようと思ったのは、一番親和性が高そうなYoutubeです。

chromecast 日本語版
Youtubeアプリ自体は最初からインストールされているので、普通にアプリを起動して動画を視聴します。

chromecast 日本語版
動画再生中に画面右上のCastアイコンをタップすると、送信する端末がリストで表示されるので、先程セットアップしたchromecastをタップします。

chromecast 日本語版
chromecast 日本語版
数秒待つと、TV上で再生しているYoutubeが表示されて、続きが再生されました。音声もTV側から急に出力されるので、音量に注意した方が良さそうです。

chromecast 日本語版
再生中のシークや、音量操作はCast元のスマートフォンから操作が可能です。また、再生中にホーム画面に戻り、別アプリを起動してもバックグラウンドで再生を続けてくれるので便利です。

chromecast 日本語版
Wi-Fiルーターは2Fの書斎に設置していて、リビングまでは直線距離で5m位、スマートフォンとchromecastがお互いにWi-Fiに接続された状況下で、インターネット ~ ルーター ~ スマートフォンで再生 ~ ルーター ~ chromecast ~ RERGZA 42J8という経路ですが、コマ落ちもフリーズも無く、スムーズに再生できました。

実は、最近売られているほとんどのTVには、Youtubeを視聴できる機能が搭載されています。ですが、リモコンからの操作性が低く、使いにくい場合が多いので、恐らくほとんどのユーザーの中では「お蔵入り」になっている機能だと思います。同様の機能を有していた「光Box」も以前お借りさせていただいた事がありましたが、やはり直感的に操作する事が出来ないTVというデバイスのせいか、あまり使いやすいとは言えなかったと思います(光Boxは今でも書斎で運用中ですが(笑))。

Android OS自体が搭載された同様のHDMI接続のデバイスの方が出来る事の選択肢が多い気もしますが、「特化」していない分ハイスペックを要求され、また、結果的に操作しにくい事に繋がってしまいます。
chromecastは、あくまで普段使っているスマートフォンがメインとなるデバイスとして存在していて、操作もそのメインで行います。chromecastはその受信を行い、TVへの信号に変換する為のデバイスに特化しています。その分chromecast自体の動作が重いという印象はありませんでした。

追加するデバイスとしての価格もかなり安価ですし、自宅内に何台かTVを持っている人ならTVの台数分購入して背面に挿しておくのも良さそうですね。「自分が観たいコンテンツは自分で持ち歩いて、見たい部屋で観る」というスタイルが確立できそうです。

その為にはデバイスのWi-Fi対応が必須ですし、宅内の電波状況の改善も今後のタスクとして挙がってくることになりますね。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告