最新EKEN M003の記事一覧


10/19

iPedならぬ、EKEN M003を不慮の事故で落としてしまいました。以前に落としたT-01Aとは違い、中華系デジモノの多くは耐久性に優れていないので、数十センチの高さだったのですが、液晶部分にヒビが入ってしまいました…。

EKEN M003 買い直し 液晶割れ

1.9 betaのファームウェアをインストールした直後に公式サイトにて、最新のファームウェアWMT2.0がリリースされていることを知り、備忘録がてらにアップデートしながら写真を撮り終わった直後でした。

EKEN M003 買い直し 液晶割れ淡い期待で起動してみましたが、起動こそするものの、タッチパネルが動作しません。タッチパネル部分は薄いガラスでできているようなので、感知できなくなってしまったようです。むなしくロゴが踊るだけです…。

仕方が無い(?)ので、妻の気が変わらないうちに2台目を購入しました(笑)。3台目を購入する頃には本家iPadが買えそうですが、そこは中華系デジモノならではの楽しみがあるので…。買ったのはマジコムさんです。代金引換で即発送して頂き、深夜に注文したのですが注文して3日で届きました。迅速な対応、ありがとうございます。

EKEN M003 買い直し

EKEN M003 買い直し 色味生産ロットが違うせいなのか、私が最初に購入したM003とは外観が少し違いました。液晶周辺の色味が違います。今回届いた分は完全に黒ですが、初期のものはクロームっぽい色になっています。下が以前購入分、上が今回購入分です。

EKEN M003 買い直し 背面プリント背面も初期はEKENのロゴがあるのに対し、今回購入分はロゴがなく、未記入のID No.や、「Designed and Made In China(デザインと生産は中国です)」と記載があります。

EKEN M003 買い直し 背面ここまで大胆に書かれると開き直りですね(笑)。

それ以外では少し液晶の質が今回分だけ悪かったような感じがありますが、通常使用には問題なさそうです。

今回の一件でWMT2.0でのroot取得も完了しているので、手順を備忘録として残しておこうと思います。




にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ

a quickr pickr post



09/16

EKEN M003ですが、USBポートを装備しているので、標準のファイルマネージャからUSBメモリにアクセスすることも可能です(AndExplorerなどの他のファイラーでは無理の場合があります)。

試しにT-01Aをパソコンとの接続用ケーブルで接続してみたところ、しっかりM003で認識してくれました。

T-01A上で設定 → 接続 → USB to PCとたどり、「マスストレージモード」に設定していると、リムーバブルディスクとして認識されているようですね。
ちゃんとT-01A内のmicroSDも読み書き可能です。

M003にT-01Aを接続

しかもT-01A側ではM003をパソコンとして認識しているのか、M003から充電も開始しました。
しっかりLEDランプが点灯し充電状態になります。恐らく先にM003の電池が切れてしまうと思うので実用的ではないですが。




にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ

a quickr pickr post




08/30

M003に付属している、File Browserはお世辞にも使いやすいとは言えません。Windows Mobile標準のエクスプローラもそうですが、標準のままではファイル操作が困難です。少しカスタマイズできればまだ良いと思うのですが…。

EKEN M003ではエクスプローラ感覚で使用できる、「AndExplorer」をインストールして使ってみました。M003のファームウェア1.7.4のそのままの状態ではMarketからインストールできないので(できる時もありますがほとんどの場合アウトなので…)、apkファイルで配布されているところを探してみました。

AndExplorer
1.4
http://megaupload.com/?d=H4RT3A5L
1.5
http://www.fileserve.com/file/6uVaPXw
1.6(公式サイト?)
http://www.lysesoft.com/products/andexplorer/index.html

AndExplorer1.6 アイコンapkファイルをダウンロードして、microSD直下にコピー後、PKManagerからインストールします。プログラムメニューにアイコンが追加されるので、タップすると起動します。

AndExplorer1.6 起動直後日本語表示にも対応していますね。Windowsのエクスプローラとは少し違いますが、M003標準のファイルマネージャよりは断然使いやすいと思います。

AndExplorer1.6 SDカード参照先は上のボタンで切り替えることができます。SDカードへのアクセスはrootから./sdcardとたどらなくても、直接アクセス可能です。

AndExplorer1.6 設定画面オプションボタンからの設定画面では隠しファイルの表示や、表示設定などが行えます。

AndExplorer1.6 オプションメニュータスクバーのメニューボタンからの詳細(ファイルのプロパティ)や、選択の切り替えなどが可能です。

AndExplorer1.6 ファイル複数選択複数ファイルの選択には、ファイルをホールドすることでチェックが付き、選択状態になります。

Windowsのようにドラッグ&ドロップでのファイル操作はできませんが、これで一通りのファイル操作が可能になりました。ちなみにM003の場合、USBメモリも接続できますが、AndExplorerから参照できるのは、内蔵のmicroSDのみです。USBメモリへのアクセスは標準のFile Browserを使うことになります。




にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ

a quickr pickr post




08/18

これまでやったSWAP化の手順内で、ConnectBotから、su、スーパーユーザー権限にログインしますが、その際に誤って「Always Deny」(常に拒否)してしまった場合の修正手順です。

Always Denyしてしまうと、ConnectBotからsuコマンドでスーパーユーザ権限に入れなくなってしまいます。

プログラムの中からroot取得の際にインストールしていた、「eken_tool_1.7.4」内の、「superuser.apk」がインストールされているはずですが、プログラムメニューの中から、Superuser Permissionsを起動します。

00_superpermission

01_sp_list先にAlways Denyしてしまった情報がリストに残っているはずです。

02_sp_list_delリストをタップすると、削除できます。

03_connectbotSuperuser Permissionsを終了し、再度ConnectBotを起動して、suコマンドを入力すると最初と同じ確認ダイアログが表示されるようになります。

04_sonnectbot_su

これでrootに入れるようになりました。備忘録として残しておきます。

以前に残しておいた、公式FW1.7.4でのroot取得・SWAP化についての記事はこちらです。

  1. EKEN M003の動作改善に向けて。その1。(root取得)
  2. EKEN M003の動作改善に向けて。その2。(SWAP領域作成)
  3. EKEN M003の動作改善に向けて。その3。(SWAP取得後確認)

今回の手順は「その3」での作業時の対応手順になりますね。




にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ

a quickr pickr post




08/17

EKEN M003は中華系デジモノの為、まずは日本語入力可能に設定します。

日本語変換アプリをインストールします。M003はMarketが正常に利用できない為、インストールファイルである、拡張子「.apk」のファイルを直接公開しているものがPC→M003へコピーできて簡単にインストールできるので、そちらを利用します。

日本語変換アプリは「Simeji」というアプリをインストールします。通常はMarketからのインストールですが、作者様のご好意でサイト上で「野良Simeji」としてファイルを公開されています。以下のサイトからAPKファイルをダウンロードします。

throw Life - Simeji
http://www.adamrocker.com/blog/302/simeji.html#nora

ホーム画面のPK Managerを起動して、「Install」をタップ、Simejiをインストールします。私がインストールしたバージョンは4.2です。

EKEN M003 Simeji thirdparty

00_simeji_PKManager

01_simeji_Installインストールをタップすることでインストールが開始されます。

02_simeji_Install_now

インストール完了後、Simejiを有効にしておきます。ホーム画面のSettinsから設定画面に入り、Locale & textをタップします。

04_simeji_enabledSimejiをタップしてチェックを有効にしておきます。

有効にしただけでは、日本語入力はできないので、テキスト入力の際に入力エリアをホールドして入力方法をSimejiに変更します。

入力方法入力エリアはブラウザのアドレス欄でもどこでも大丈夫です。

入力方法-Simeji

これで日本語入力が可能になりました。

検索結果

加えて、各メニュー表示も日本語化しておいた方が読みやすいですね。Settingから変更可能です。

Settingsホーム画面のSettinsから設定画面に入ります。Locale & textをタップします。

Select LocaleSelect Localeをタップします。

JapaneseJapaneseを選択すると、各メニュー表記が日本語になります。

日本語表記になると、格段に見やすくなりますが、初期時が半角英数字表記だったので、2バイト文字の日本語になると、アイコン名などがすべて表示できなくなってしまいますので注意して下さい。アイコン名の改行ができればよいのですが。





にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ


a quickr pickr post




カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告