01/28

最近リリースされているコンパクトデジタルカメラの中でもいくつかの機種に搭載されている機能「(背景)ぼかし機能」は、カシオ EXILIM EX-ZR200にも搭載されています。そう言えば持っているDSC-TX10にも搭載されていますね。

EX-ZR200 - デジタルカメラ - CASIO
http://casio.jp/dc/products/ex_zr200/

このレビューは「みんぽす」の無償イベントに参加して書かれています。(詳細は末尾で)

カシオ EXILIM EX-ZR200 EX-ZR10 比較

イベント時にも何度か「背景ぼかし」を使ってみたのですが、この機能はデジタル一眼レフのように絞り(F値)を調整して「ぼかし」を作っているのではない(恐らく画像を解析してデジタル的にぼかしている)ので、結構使う時に制約があるようです。

これは滋賀県にあるショッピングモールのフードコート内で撮影してみた画像。シートの背もたれ部分から奥の背景でぼかしてみようと思って撮影しました。まずは通常撮影したものですね。

カシオ EXILIM EX-ZR200 背景ぼかし

奥行きがかなりある場所なので、通常撮影してもボケがあります。これはどのカメラでもこうなるので、これが普通ですね。で、「背景ぼかし」モードで撮ってみました。

カシオ EXILIM EX-ZR200 背景ぼかし

上の画像と比べると、かなり背景部分がぼけています。こうすることで焦点を合わせた「被写体」が際立ちますね。この場合は背もたれ部分ですが…。
ただ、この「背景ぼかし」モードは万能ではありません。デジタル一眼レフの場合はレンズ側でぼかしを作りますが、EX-ZR200のようなコンパクトデジタルカメラの場合はそうはいきません。その為、「ぼかし」を表現できるかどうかは撮影後の処理で判断されます。
これが結構難しいのです。イベント時でもかなりの頻度で「ぼかしを作成できませんでした。通常撮影で処理します。」的なエラーダイアログが出てしまい、苦戦しました。
どうやら、画像内で「ぼかしてよいかどうか」を判断する基準があるようですね。

イベント時に撮影した中で唯一「あ~ボケてるボケてる」とわかる画像が下の2枚。同じ場所から同じアングルで撮ったものです。

2011/12/10 カシオ EX-ZR200 谷中銀座

2011/12/10 カシオ EX-ZR200 谷中銀座

あと、動く被写体が複数あっても失敗する方が多かった気がします。ポートレート撮影や、風景、スナップ撮影等で効果を発揮する機能のようですね。ただ、この機能があるのとないのとではかなり撮影の幅が変わってくるのも事実。
ちなみに、他の撮影モードとの併用はできませんね。BS(ベストショット)の中にモードの1つとして「背景ぼかし」があるので。
同じ場所を「紅葉モード」で撮影するとこんな感じです。

2011/12/10 カシオ EX-ZR200 谷中銀座

2011/12/10 カシオ EX-ZR200 谷中銀座

これはこれで赤みが増して一層紅葉っぽく撮れていますが、ボケを作成できないので背景をぼかしたいのか、色味を生かしたいのかで使い方が変わってきそうですね。



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post




関連記事

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/939-9e1b83ae

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告