12/27

モバイル用バッテリーは1つSONY製の「CP-A2LS」を持っているのですが、バッテリー自体の充電には、専用の電源プラグコネクタを使う必要があり、基本的には外出先で使い切ると次にコンセントがある場所まで使えなくなってしまいます。また、電源コネクタ部分も持ち歩く必要があります。

この点だけが唯一気になる点として残っていたのですが、かなり安価で使えそうなものが売っていたので購入していました。現在ではこちらをメインで使っています。

バリューウェーブ WTD13666A

WTD13666Aシリーズ | 株式会社バリューウェーブ
http://www.valuewave.co.jp/battery/wtd13666a.htm

バリューウェーブ WTD13666A購入したカラーはホワイトモデルです。と言っても、どちらかというとホワイトパールカラーに近い感じです。大きさ的には、A6サイズに近いぐらいですね。他にもレッドとブラックのカラーがあるみたいです。

バリューウェーブ WTD13666A

側面に出力用・入力用のUSBポートが並んでいます。出力用のUSBポートは2つ、入力用、つまり充電用のUSBポートはmicroUSBです。バッテリーの容量は5000mAh。平均的なAndroidスマートフォンだと大体2回ぐらいは電源をONのまま楽々充電できそうです。

バリューウェーブ WTD13666A

バリューウェーブ WTD13666A上面にはボタンが1つだけで、ここで電池残量の確認や、充電の開始等が行えるようになっています。ボタンを押すとLEDが点灯して知らせてくれます。

背面にはUSBポートの説明がプリントされています。このバッテリーの特徴でもあるのは、片方だけですが2.1A出力が可能なこと。2.1A出力できるのはかなり心強いです。充電も短時間で終わりますし、合計2.1Aの出力ができるとなると2つのUSBポートで充電しても安心して使えるからです。

バリューウェーブ WTD13666A

CP-A2LSと大きさ比較もしてみました。やはり幅広いのはWTD13666Aですね。

バリューウェーブ WTD13666A

バリューウェーブ WTD13666A

厚みは断然CP-A2LSの方が分厚いです。どちらが持ち運びやすいかというと好みが分かれると思います。普段使うカバンの形状等にも左右されるでしょうし。

個人的に良かったのは、今まで専用のケーブルとアダプタでしか充電できなかったASUSのEee Pad Slider SL101の充電が行えたことです。と言っても、純正と同じように充電モードになる訳では無く、パソコン経由でスリープ時に充電されるモードと同じ状態になります。なので、SL101を使用しながらの充電は行えないのですし、かなりの時間がかかりますが、「充電が可能」とわかっただけでも嬉しいですね。
また、microUSB経由で充電というのもCP-A2LSで気になっていたポイントを回避できているので良かったですね。一緒に持ち歩いているPL-QUCHG03と組み合わせるだけでバッテリー自体の充電環境も整います。





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post




関連記事

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/914-6e6818f5

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告