12/15

ロカリサーチ様より、ロジクール ワイヤレスマウスキャンペーンの一環でワイヤレスマウス M525(Logicool Wireless Mouse M525)をいただきました。ロジクールと言えば、パソコンの周辺機器をリリースしているメーカーの中でも流線型でスタイリッシュなデザインが特徴のメーカーです。個人的に私もロジクール製品はいくつも愛用しています。

今回いただいたのは、ワイヤレスマウスの中でも今までに無かった新機能を搭載というのはありませんが、メインとなる機能の操作性が格段にアップしているモデルです。
マウスは普段から使う入力デバイスの1つでもあり、日常パソコンを使っているユーザーにとってマウスのの使いやすさは作業の効率にも直結しているので、この辺りは個人的にも気になるところでした。

LogicoolR Wireless Mouse m525
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/mice-pointers/mice/devices/9226

一目見てロジクールの製品だとわかるグリーンとブラックを基調としたカラーリングですね。カラーは他にもレッドとブルーがあるようですが、今回いただいたのはチャイナブラックと呼ばれるカラーです。

ロジクール ワイヤレスマウス M525

側面から見るとまるで競泳用水着にありようなデザインです(笑)。流線型のボディの中に直線で入ったグリーンのラインが目立ちます。

ロジクール ワイヤレスマウス M525背面にはロジクールのロゴマークが。側面はシリコン製、上面は光沢のあるプラスティック製で構成されています。

ロジクール ワイヤレスマウス M525

このホイールがこの製品のポイントでもあるのですが、これは触ってみないとわからないものですね。よくある「カチカチ」といった歯車を回転させたようなホイールでは無く、かなり細かく滑らかに動きます。72個のマイクロラチェットと呼ばれる機構が搭載されている為ですね。

ロジクール ワイヤレスマウス M525

底面には、電源用のスイッチと、バッテリー交換時に使用するスイッチがあります。

ロジクール ワイヤレスマウス M525

底面のバッテリー用スイッチをスライドすると、上面のカバーが外れる仕組みになっています。個人的にはこれはうれしい仕様ですね。「カバーを押してスライド」というよくある作りは同様の負荷がかかると外れてしまいますし、二度手間ではあってもこういう作りの方が使用中でも安心できますね。
また、このM525は光学式マウスですが、最近のレーザー式マウスと同等の精度を実現している「LGT(レーザーグレードトラッキング)」を搭載しています。使ってみましたが、かなり細かくカーソルを動かせるので、レーザー式マウスとほぼ違和感なく使えました。

ロジクール ワイヤレスマウス M525


ロジクール ワイヤレスマウス M525


バッテリーは単三電池2本で動作します。内部には、Unifying対応レシーバーを格納することができます。個人的に思うのですが、ロジクール製品はこの「1つのレシーバーで複数製品を使用できる」規格である、Unifyingをほとんどの機器に搭載していますが、どの機器を購入してもレシーバーが付属してきます。これだとレシーバーがどんどん余ってしまうのですが、「レシーバー無しで安価なモデル」は発売されないのでしょうか?

ただ、このバッテリー部分がM523の最大のセールスポイントとも言えるかもしれませんね。このM525はあくまで公称値ですが単三電池で最大3年も問題なく使えるようです。これはすごいですね。充電式のロジクール製マウスも使った事がありますが、充電式は充電用の機器が必要になりますし、電池式は電池の予備を常に用意しておかないと不安でしたから。三年の電池寿命(話半分でも一年半)ですと、電池の減りを気にする必要は無くなります。このバッテリーの寿命については相当自信があるのか(笑)、「トコトン長持ちキャンペーン」というキャンペーンを行ってられますね。

トコトン長持ちキャンペーン&限定スペシャルムービー
http://bit.ly/v8jsRJ



ロジクール ワイヤレスマウス M525

普段使っているマウスはエレコム製のものがあるのですが、せっかくなので交換してM525を実際に数時間使ってみましたが、他のマウスと比べると少し背が高い印象です(約3.8cm)。逆に全長は長くない(約10.2cm)なので、使ってみると好みが別れそうなホールド感です。背が高いとその分手首を曲げる必要があるので、作業時の姿勢によっては使いづらい印象になるかもしれません。リストレストがあるマウスパッドを使った方が良いかも。
ですが、左右のシリコン部分でグリップ感は決して悪くなく、個人的には好きな感じでした。それにこのホイールのスムーズな回転はかなり便利でした。メーカー的には「ウェブブラウジングに最適」とありますが、細かいスクロールができるので画像編集等にも使えそうです。3,980円というマウスとしては比較的手の届きやすい価格なのも魅力です。



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post




関連記事

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/901-3a909ada

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告