07/26

みんぽす様より、以前お借りしたPHIATONのヘッドフォンをまたお借りする事ができました。フィアトンというメーカーは日本ではあまりメジャーなメーカーとはまだ言えないかもしれませんが、高音質なヘッドフォンをリリースされています。

フィアトン PS 210

フィアトン|PHIATON|製品|PS 210
http://phiaton.jp/ps210.html

このレビューはみんぽす様より無償でお借りして書かれています。(詳細は末尾で)

以前にはPS 20 NCというノイズキャンセリングを搭載したモデルを同じくみんぽす様からお借りしていましたが、PS 210はノイズキャンセリングは搭載していないモデルになります。同じハーフカナルタイプを採用しています。

フィアトン PS 210

まずは簡単にソリッドな印象のある外観からですね。個人的には少し尖った印象なので、自分には似合わなさそうな雰囲気です。本体側面の仮面ライダー1号の変身ベルトのようなデザインがそう感じるのかもしれません。

フィアトン PS 210

本体部分のほとんどはアルミで構成されています。アルミは角の面取り部分以外はヘアライン加工されていて高級感がありますね。他メーカーの同等モデルでも金属を使っているものは少ないので、少し重みがあります。

フィアトン PS 210

ハーフカナルと呼ばれるタイプなので、完全なカナルとは違い、耳介(耳の外側の部分です)には通常のヘッドフォンと同じ構造のイヤーピース部分が乗ります。カナル部分はより外耳の奥まで直接音が届くように左右対称の角度が付けられています。

フィアトン PS 210

コード部分はV字型で首の下辺りでつながっています。ここもアルミパーツが使われています。プラグ部分は金メッキ加工済みですね。

フィアトン PS 210

フィアトン PS 210

ヘッドフォン以外にも使えそうな、レザー風の円筒形ポーチが付属しています。これ、かなり質感が高くて良い感じです。他メーカーのケースとは違い、ケーブルを余裕を持って束ねて入れておけるので、安心です。

フィアトン PS 210フィアトン PS 210

全体的にはシャープで尖った印象が強いPS 210ですが、アルミ製のハウジング部分で高級感がある外観に仕上がっています。ヘッドフォンを選ぶ時ってデザインの比重が他の機器を選ぶ時よりも大きい気がしますので…。実際に装着してみた印象では「トラッドな服装」よりも「カジュアルな服装」に似合いそうなヘッドフォンです。お借りしている間、メインのヘッドフォンとして使ってみようと思います。

13424-1375-233706

13424-1375-233706





にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post




関連記事

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/803-ac5bd6d2

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告