07/19

auのデザインケータイとしてブランドを確立した「iida」から初となるスマートフォンがリリースされました。auの初代デザインケータイとしてファンも多い「INFOBAR」の名前を冠した「INFOBAR A01」です。

INFOBAR A01 | iida
http://iida.jp/products/infobar/

DSC_0117

実際に数日間触らせてもらった個人的な印象は、「AndroidなのにAndroidとは違うスマートフォン」と感じました。ベースとなっているOSは確かにAndroidスマートフォンで、操作に関してAndroidを使っている人ならば迷うことも無いと思います。ですが、どこかAndroidとは違う。

違っていると感じる第一は「縦と横」です。スマートフォンのほとんどが横移動を軸にインターフェースを考えられていますが(Windows Phoneは違うようですが)、横移動がベースとなっているAndroidに独自の縦スクロールのUI、「iida HOME」を搭載しています。これがデフォルトのAndroidに慣れているユーザーには「クセモノ」でした。

DSC_0119

横でのホーム画面ページ移動に慣れてしまっているせいか、縦でのスクロールに慣れないんですね。最初はかなりとまどいました。インターフェースの出来自体はかなりクオリティが高くで、グラフィックもキレイ、カスタマイズの幅も広い、と申し分なしなのですが、スマートフォンからの機種変更だと最初は慣れが必要かもしれませんね。
カメラ機能に関しては、かなりのカスタマイズの幅を持たせてあるようですね。他のスマートフォンには無い、ISO感度設定から、シーン選択まで、一通りのコンパクトデジカメと同じ設定項目を持っています。設定画面に入るのが結構面倒でしたが、これはうれしい機能ですね。

個人的に気になるのは、「モードの切り替え」でした。Androidスマートフォンの多くは音量ボタンの長押しでモードを簡単に変更(通常→マナー)ができたり、ロック画面で切り替えが可能ですが、INFOBAR A01の場合は音量ボタンでの切り替えも、ロック画面上での切り替えもできません。ウィジェット以外での唯一のショートカットは通知領域から切り替えることしか見つけられませんでした。咄嗟に切り替えたい時にこれは個人的に少し困った点でした。
HOMEボタンでのスリープ復帰もできませんね。設定で切替できるようにして欲しかったところです。

DSC_0120

ただ、「持ちやすさ」に関しては夏モデルの中でもかなり上位に入りそうです。小さい事もあると思うのですが、前モデルのINFOBARの持ちやすさをうまくスマートフォンでも再現していると感じました。この微妙な丸みを帯びているのに角ばっているように感じてしまうデザインが手のひらにフィットします。電子マネーもワンセグも搭載しているので、ガラケーから乗り換えても慣れが必要なのは文字入力の概念だけで済みそうな位、デザインのカスタマイズが行き届いていて、完成度は高いです。UIの細かいところでのアニメーションもセンスが光ってますし。




にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post




関連記事

2 Comments

  • Name:すぬ
  • はじめまして(^^)
    A01チョコミント使ってます。
    マナーモードの音量ボタンでのON/OFFですが、ロック解除表示画面で、音量ボタンのDOWN長押しでできます(^-^)
    私もできなくて不便だな~って思っていて、何か長押ししてみたらできるかも?と思い、発見しました。
  • 2011/07/28 20:49 | URL 
  • Name:シンジマン
  • > すぬ 様
    一か月以上コメント返事できなくてすみません。コメントありがとうございます。
    あれ?私が借りていたA01ではできなかったんですけどね…。何か設定があったのでしょうか?
    マナーモードはロック画面上でしかできないんすかね…。今となっては確認のしようがありません(笑)。
    ともかく、情報ありがとうございます!
  • 2011/08/18 12:38 | URL   [ 編集 ]

Leave a Comment


Trackback

http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/794-79e11315

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告