07/12

みんぽす様より、久しぶりにゲーム関連の周辺機器をお借りしました。昨年末よりずっとPSPのUMDドライブにはモンスターハンターポータブル 3rdが入っていますが、そのPSPの画面をTVへ出力する機器です。

DSC_0057

『MG1000』公式サイト|PSPとテレビをHDMIで接続してフルハイビジョンにアップコンバートする | マグレックス株式会社
http://www.magrex.co.jp/mg1000/index.html

このレビューはみんぽす様より無償でお借りして書かれています。(詳細は末尾で)

現実には同じ機能をもったメーカー純正品がすでにリリースされていますが(PSP-S160PSP-S180等)、このマグレックスがリリースした「MG1000」はHDMIで映像も音声も一本で出力、しかも720pや1080pで出力が可能になっています。

元々のPSPの画面は480pで描画されているので、そのまま液晶テレビに出力すると画面中央に小さく表示されるだけであまりテレビに出力するメリットというものはありませんが、この「MG1000」を使うと720pや1080pの出力に加え「ズーム機能」まで搭載しています。

まずはその外観からですが、「家庭用」というより「業務用」といった方が当てはまる外観ですね。金属性の筐体で両側に端子類があるだけです。大きさ的には男性の片手で持てるぐらいですが、ズシリと安定感がありますね。

DSC_0060

まずこちらは入力側ですね。PSPからの信号入力(端子的にはD-Sub15pin?)と、720/1080pの出力切り替えボタンがあります。

DSC_0058

こちらは出力側になります。HDMI出力と、別経由で出力される音声出力、ACアダプタ端子があります。

DSC_0059

DSC_0062PSPには専用ケーブルで接続します。ケーブル自体はそんなに長いものでもなく、1.5m位でしょうか(正確には測っていませんが)。MG1000をテレビの周辺に設置すると、そんなに遠ざかってプレイはできないようです。

DSC_0063

DSC_0064接続後のPSPです。接続コネクタ部分からケーブルは邪魔(?)にならないように右へ出るようになっています。ケーブル自体は太目で少し重いのでプレイしづらい人もいるかもしれませんね。ケーブルに余裕があればもう少し手首への負担は減りそうです。

プレイ中にはこんな感じになりますね。いわゆる「モンハン持ち」であったり、それぞれのゲームに特化した持ち方で変わるかもしれませんが、気になる人は気になる「干渉部分」です。

DSC_0065

私の場合は気になりませんでしたが、何回かプレイしているうちに接続コネクタ部分にある「ZOOM」ボタンを誤って親指のつけ根で押してしまったことがありました。

全体的に見て、この機能を液晶テレビに関係なく実現する事自体はすごいことだと思うのですが、この手の機器にありがちな「外観」が少し敬遠してしまう人を増やしていると思いました。プラスティック筐体にすればチープ感は増すかもしれませんが軽くなり、テレビ背面などにも設置可能になるかもしれません。また、この接続方式だとケーブルは取り回ししやすければもっと使いやすくなる気がしました。どうしてもケーブルが太くて短いのでPSPを動かす度に本体がテレビとの間でケーブルに引きずられて動いてしまい、置き場所に困ってしまいました。

次回に書きますがこの事を踏まえても、大画面でプレイするPSPはやはり別の楽しみがありますね。高画質なPS3などとは違い、元々のゲーム自体の描画の粗さは残りますが、それでも小さな画面の中で完結していたゲームを大画面でプレイしなおすと「感動」の一言ですよ。

14334-1375-230558

14334-1375-230558





にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post




関連記事

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/787-a450a5b0

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告