01/06

昨年は年末の記事更新も出来ずに風邪を引いてしまいました。昨日ぐらいからようやく復調し始めての記事更新です。
書き溜めた記事を一気に吐き出したいと思います。

年末は床に伏せたまま、ゲームで時間をつぶしていました。昨年末にいただいた、「探偵オペラ ミルキィホームズ」をしたり、モンスターハンターポータブル 3rdを進めたりと、ゲーム三昧でした。

ミルキィホームズ

この記事はブシロードによる『探偵オペラ ミルキィホームズ(PSP)』(12月16日発売)のレビュー企画に参加して書いています。金銭の報酬はなく、事実誤認の修正ならびに本文章の掲載以外、記事内容に関与は受けていません。

探偵オペラというだけあって、随所に探偵っぽい操作が入ってきますね。意外と頭を使います(笑)。

ミルキィホームズ 説明1
ミルキィホームズ 説明2
気になった箇所のキャラを選択して、そのキャラクターに気になるところを調べさせます。見当違いのところを探しても事件解決にはなりません。


ミルキィホームズ キャラ選択
ミルキィホームズ ルーペ
話かけて調べてもらうことができます。何度もできないので、気になる箇所は慎重に選択しないといけませんね。


重要なヒントを見つけると、「ファクター」として主人公が記憶にとどめておきます。

ミルキィホームズ 重要なファクター

制限時間がある中での選択肢みたいなものもあり、あせってしまう場面も。ここでもアニメーションが多いです。

ミルキィホームズ  QCA
ミルキィホームズ 怪盗
怪盗が逃げた方向をすばやく選択する場面や、得たファクターを元に追い詰める場面等はカウントダウンがあり、一定回数間違えるとゲームオーバーになってしまいます。


ゲーム性は低くないと思います。ただ、事件と関係ない部分を調べたりした際に決まり文句?テンプレート?的な感じを感じさせる部分があって、すぐにヒントではないとわかってしまうのは残念でした。
また、セーブポイントまで進めないとセーブできないこともなかなか時間の取れない人向けではない気がしました。
リアルタイムセーブとまではいかないまでも、セーブポイントは多めの方が良かった気がします。セーブできずに同じ場面を何回も見るのはストレスが溜まる場合もありますし。

ですが、とにかく、よくアニメーションします。通常のゲームならポイントだけがアニメーションになっている場合が多いですが、このゲームはそれ以外にもアニメーションする箇所が多いです。この手のゲームにありがちな固定画面でセリフだけがどんどん進んでいくのとは違いますね。

全体的に見て、内容的にも楽しめるゲームでした。

ミルキィホームズ 操作成功





にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ


a quickr pickr post



関連記事

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/564-27189953

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告