12/23

音声を使ったiPhone用アプリをインストールして試してみました。PC上での音声認識ソフトは多々ありますが、スマートフォン上で音声認識をしてくれるアプリは少ないですね。

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 Dragon Search
http://itunes.apple.com/jp/app/dragon-search/id341452950?mt=8#
http://www.youtube.com/user/NuanceMobileChannel
公式サイト : http://www.dragonmobilejapan.com/

Dragon Search 起動ロゴまずは「Dragon Search」です。認識した音声データを元に、各Webサービスで検索を行ってくれます。

「タップ&スピーク」のアイコンをタップして認識開始します。単語を話し終わった時点で「完了」をタップすると自動的に検索を行ってくれます。「あそうたろう」で検索してみました。

Dragon Search 検索開始
Dragon Search 録音中
タップしてつぶやいて、完了ボタンをタップするだけの簡単操作です。迷うこと無く使うことができますね。


正確に漢字まで(議員の麻生太郎氏)変換して検索してくれるのはすごいです。少し驚きました。

Dragon Search 検索結果「麻生太郎」

上の左右にスライドできる部分で検索するサイトを選択する事ができます。Google以外にも、YouTubeやウィキペディア、iTunesを検索等が行えます。検索後にスライドさせるだけで自動的に検索してくれますね。便利です。

Dragon Search 検索結果「京都府
「きょうとふ」で検索すると、「京都府」と変換して検索してくれます。口語で検索させるとヒットするサイトが少なくなるのは検索サイト側の問題なので、仕方ないですね。コツは単語で検索させる方が良いです。


YouTubeに動画でアップしてみました。「もんはん」とつぶやいてもらったのですが「モンハン」とカタカナに変換されています。



率直な感想ですが、音声をバッファしてから文字として認識するまでの時間にバラつきがありますね。バッファで溜め込んだ音声データを元にどこかと通信しているようですが…。回線が混んでいると認識結果を返すのに若干時間の差がありました。

Dragon Search 処理中
「処理中」の表示がしばらく続いてしまう事もありました。回線の問題か、認識させようとした単語の問題かはわかりませんが。


あと、検索する単語の認識というか辞書の問題かもしれませんが、「AKB48(えーけーびーふぉーてぃーえいと)」とつぶやくとDragon Searchでは「akb 40 8」となってしまいました。対してGoogle音声検索で試してみるとちゃんと「akb48」と認識していました。この辺りは単語ごとの認識精度の違いと登録されている辞書の違いかもしれませんね。

Google音声検索 検索結果「akb48」
Google音声検索から検索すると、アイドルグループの「AKB48」として認識しているようですね。Dragon Search側の認識も厳密には間違っているとは思えませんが…。ユーザー側の意図とは結果的に違ってしまっているのが残念です。


Google音声検索だと、検索先はGoogleのみになってしまうので結果を他のサイトへ移動しないといけませんが、Dragon Searchだと複数サイトで簡単に検索できるので便利ですね。音声認識とレスポンスに関しては改善してほしいところです。
ただ、検索したい時に「読みはわかるけど、スペルが…」「漢字がわからない」といった状態の中での音声検索が気軽に出来るのは大きいと思います(周囲が話せる環境下である必要がありますが)。

PR by ブログタイムズ





にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ


a quickr pickr post


関連記事

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/555-5d8d7622

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告