12/07

banner_headphone2010AWLOKA主催の「2010AW フィリップスヘッドフォンマラソン」に参加させていただいています。キャンペーン内容についてはこちら

今回のマラソン第四回目は、SHQ4000です。このシリーズも折り返し地点ですね。

PHILIPS SHQ4000 外箱

SHQ4000 | スポーツモデル | 製品情報 | フィリップス ヘッドフォン
http://www.japan.philips.co.jp/headphone/products/sportsmodel/shq4000/

スポーツモデルと位置づけられているこのSHQ4000はバンドタイプです。頭の上部にバンドが来るタイプではなく、首の後ろにバンドが来るタイプです。邪魔にならず、まさにスポーツ向けですね。

PHILIPS SHQ4000 横

再生周波数帯域は15~22000Hz、音圧感度は102dB、インピーダンスは16Ωです。少しインドアタイプのヘッドフォンと比べると周波数帯域が狭いですね。ちょっと気になります。

このSHQ4000が他のヘッドフォンと決定的に違うところは、防水仕様です。IPX5に準拠しているので、使用後に水道水で直接水を当てても大丈夫です。実際に洗ってみましたが、本来人の肌に直接触れるものなので洗えるのはいいですね。
IPX5は「防噴流水」に対応するという内容ですが、「完全な防水」ではないので、水中に浸けてしまうと故障してしまいますので、注意が必要ですね。

ネックバンド部分は柔軟性のあるプラスティック製で軽く出来ています。実際に装着してみてもバンド部分への重みはほとんどありませんね。走ったり動いたりしてみましたが、バンド構造 + カナルタイプということもあって、まったく「外れてしまう」ということがありませんでした。外耳に当たる部分はシリコンになっています。バンド全体が不透明になっているのもお洒落ですね。
少し残念だったのは、バンド部分全体の仕上げです。複雑な構造をしているので面処理は難しいと思いますが、シリコン部分の端に"バリ"が残っていたり、プラスティック部分の接合部分の角が残っていたり、少し気になる部分もありました。

コードは左からまとめて出ています。バンドとの根元はシリコンで固定されているので、断線の心配も少ないですね。バンド部分のPHILIPSロゴのワンポイントが光ります。

PHILIPS SHQ4000 バンド~コード根元

カナル部分は角度が付いていることでより耳の中に直接音を届けてくれる構造になっています。この形状は他のモデルを踏襲している形ですね。

PHILIPS SHQ4000 上から
PHILIPS SHQ4000 上からアップ
カナル部分は他のモデルと同様にやはり耳に合わせて角度がついています。


スポーツモデルということもあって、今回のSHQ4000にはケーブルクリップが付いていますね。

PHILIPS SHQ4000 クリップ

全体的にオレンジと黒を基調としていますが、ジャック部分の接点までオレンジになっているのはこだわりですね。

PHILIPS SHQ4000 ジャック

実際に音を聴いてみました。視聴に使ったのは、少し前のアニメーション「COWBOY BEBOP(カウボーイビバップ)」のサウンドトラック「COWBOY BEBOP SOUNDTRACK 1」です。このアニメ、ハードボイルド系なんですがBGMが、JAZZ・BLUESなどが大半を占めていてサウンドトラックも定評があります。その中からシートベルツが演奏している代表曲「Tank!」と「TOO GOOD TOO BAD」を選択。

Amazon.co.jp: COWBOY BEBOP SOUNDTRACK 1: シートベルツ, スティーブ・コンテ, 菅野よう子, ティム・ジェンセン, 今堀恒雄, スティーブン・バースタイン, Hitoshi Watanabe, Keishi Urata, Masayoshi Furukawa, Ryuichiro Senoo: 音楽
http://www.amazon.co.jp/COWBOY-BEBOP-SOUNDTRACK-1-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%84/dp/B000058A76

実際の音に関してですが、周波数帯域の違いからか、少しだけ音の厚みが他のインドアタイプのそれと比べて音圧が「薄い」印象を受けました。防水処理も影響しているのかもしれません。選択した曲はビッグバンドタイプの金管楽器が多く入っていますが、テナーサックスのソロでも音の厚みが少しチープな印象です。
ですが、音の解像度は高いので低音部分もハッキリ音程がわかります。全体的にイコライザーで高音域を強調したような感じですね。ですが音の質はやはり高いです。

PHILIPS SHQ4000 カナル部分アップカナルタイプで装着感もよいのですが、スポーツ時は指定された区域で行っている時の方がよさそうですね。実際、部屋内で視聴している時に、背後にいた妻にはまったく気付かない位、密閉度が高いです。感想としては、

  • 着け心地
    ★★★★☆
  • 音質
    ★★★☆☆

  • PHILIPS SHQ4000 縦という感じですね。ネックバンド式は人間の動きに強い一面、髪型に左右される部分もどうしても残ってしまいます。髪の長い女性だと運動時まとめていることが多いと思うのでネックバンドタイプはバンド部分が逆に邪魔になる場合もありますね。欲を言えば取り外し可能ならよかったかも。ただ、密閉度と耳から落ちない安心感があるので、★★★★☆です。
    音質はやはりフラット感がどうしても強く出てしまうのですが、防水仕様ということもあり、外での使用がメインということもあって、★★★☆☆です。

    スポーツ以外でも、外出が多い方、通勤通学時でもSHQ4000はピッタリだと思います。急な雨で濡れてしまっても問題ないところが良いですね。なかなかこの音質で防水まで備えているヘッドフォンは少ないですし。外での使用を想定したネックバンドタイプでこの音質がキープできるのであれば、かなりコストパフォーマンスは高いと思います。




    にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ

    a quickr pickr post



    関連記事

    0 Comments

    Leave a Comment


    Trackback

    http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/540-5212e8f8

    カレンダー

    プロフィール

    カテゴリ

    Comments...A

    アクセスランキング

    3D球体タグクラウド

    リンク

    参加サイト

    広告