04/30

ComicReader Mobi 2.0.3 ロゴマンガミーヤCEに代わって、Comic Reader Mobiを先日から使い続けています。クラシックWindowsライクのマンガミーヤCEとは違うので、なかなかに慣れるまで時間がかかりますね。自分用の備忘録に操作方法を残しておこうと思います。まずは操作方法と設定を少しずつ紐解いていこうと思います。

  • Comic Reader Mobi for the iPhone, Windows Phones, and Blackberry
    http://comicreader.mobi/

  • メインの操作は下段のバーで行います。設定を変更すると非表示にもできますが、画面下をタップすると表示されます。

    Bottom Bar

    Left1ページ戻ります。

    Right1ページ進みます。

    Fileエクスプローラでいうところの、ファイルメニューに相当します。

    Setting設定メニューを表示します。

    Detail詳細メニューを表示します。

    各ボタンは初期設定時には以下に紹介するダイアログ形式で大きなボタン表示されますが、設定を変更することでボタンからプルアップメニューで表示させることも可能です。

    File Btnファイルに関するメニューボタンです。何もファイルを開いていない場合はダイアログではなくファイル選択画面になります。

    Open Series
    現在選択されているフォルダを変更します。
    Change File
    現在開かれているフォルダの中に入っているファイルを一覧表示します。
    Change Page
    現在開いているファイルのページ移動を行います。

    Setting Btn設定画面や、最小化、プログラム終了などが選択できます。

    Settings
    オプション画面を表示します。
    Close
    アプリを終了します。
    Minimize
    アプリを最小化(背面に移動)します。アプリは終了しません。

    Detail Btn開いているファイルのプロパティを表示します。

    Details
    現在開いているファイルのプロパティです。ファイルを開いていないと、タップしても何も動作しません。
    Box Zoom
    ドラッグした範囲をズームアップします。
    Text Sensitivity
    画像内のテキスト(文字)の判別の基準です。モノクロかカラーを選択できます。

    ある程度は設定を変更しなくても、メインのボタンだけで使えそうな感じですね。タップ中心のシンプルな操作感は好感が持てます。ただ、以前にも書きましたが、バックグラウンドで読込み動作を行うマンガミーヤCEとは違い、一覧をあらかじめ全て読み込んでから動作するComic Reader Mobiは若干同じファイルを読み込んでもメモリを多く消費してしまいます。

    また、マンガミーヤCEと大きく違う点は、「テキストの認識」にあります。マンガミーヤCEで苦手なのは「画像の拡大処理」なのですが、先程の設定項目にあった「Text Sensitivity」をうまく設定することによって、画像内のフキダシ部分の文字を認識して、ズーム枠を自動調整して拡大してくれます。



    2つのアプリともに長所がたくさんあるので迷いますね。けど、Comic Reader Mobiの方はシェアウェアで現在進行形なので、これからに期待できます。


    にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへ


    a quickr pickr post

    関連記事

    0 Comments

    Leave a Comment


    Trackback

    http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/315-dad89812

    カレンダー

    プロフィール

    カテゴリ

    Comments...A

    アクセスランキング

    3D球体タグクラウド

    リンク

    参加サイト

    広告