11/24

11/22の「良い夫婦」の日は生憎の休日出勤でしたが、夜に家族で京都駅まで繰り出してきました。目的は娘が大好きなイルミネーションを見るためです。

20141122-DSC02834
しかし、急に決まった為、愛用のNikon D5300は持ってきていませんでした。カバンの中にはいつもSONY DSC-RX100が忍ばせてあったのでこれでどこまで撮れるかトライ。
「どこまで使いこなせているか」という意味で読み換えてもらっても良いかもしれませんが(笑)。
普段、コンパクトデジタルカメラって、モードをデジタル一眼レフのように色々変えて撮ったりしないので、こういう急なシチュエーションでどこまでその機能を把握して使いこなせているかが重要なファクターになってきたりするのです。
「せっかく買ったのに、機能を全部使ってないなんて、損してるやん」という関西人的な考え方なのかも。
まずは、家族と待ち合わせている間に京都タワーを。

20141122-DSC02799
京都駅の大階段中央に大きなクリスマスツリーがありました。どうやら所定の場所からARアプリを使うと、サンタクロースが液晶越しに見えるとか。乳児・幼児を連れてのレビューは難しそうだったのでパスしました。

20141122-DSC02805
違う角度からもRX100でトライ。そのほとんどはマニュアルモードにしたり、シーンモードで「手持ち夜景」に切り替えたり。マンフロットのPOCKET三脚Sを装着していたので、長時間露光でも比較的手ブレ少なく撮れました。

20141122-DSC02820
見返してみると、ツリーもタワーもそれ自体が縦に長いのでほとんど縦向きで撮影していました(笑)。
大階段から中央改札口を挟んで反対側でもイルミネーションが見えたので、下に降りることなく連絡通路を渡って移動。

20141122-DSC02832
これも縦向き撮影でした(笑)。
息子は初めてのイルミネーションだったので、少し怪訝そうな顔をしながらも興味深々でした。

20141122-DSC02831
反対側から見た大階段のツリー。実はこのツリーの後ろにある大階段にもイルミネーションが施してあって、こちらはアニメーションで動いてました。画像は少しだけLightroom 5.7でRAW現像する際に露光や明瞭度を変更しただけです。

20141122-DSC02828
こちらは大階段側へ戻る際、上の連絡通路を通っている途中で撮影した京都タワー。待ち合わせの時の見上げるタイプではなく、ほぼ同じ目線なのが新鮮ですね。

20141122-DSC02840
今回、家族でのイベントにでかける際初めてコンパクトデジタルカメラのみで挑むという(というか予定していなかった)ことになりましたが、機能を使いこなそうとすると意外とDSC-RX100だけでも撮れるかなという印象でした。もしかすると最新の三代目の方がこういった撮影には向いているのかもしれませんが、まだまだ搭載されている機能を使いこなせていないのでそれはまだ先かな。
今回の撮影のコツはやはり「カメラの固定」です。シーンモードでもマニュアルでもどうしても昼間の撮影に比べると謝ったスピードが自動・もしくは手動で長くせざるを得ません。結果ブレやすくなるので、壁や手すり等にカメラをどう固定するかでかなり変わってきます。私はPOCKET三脚Sで壁に固定したりしていました。後、出来ることならタイマー撮影が良いですね。シャッターを押す動作でブレたりしますし。

最近のデジタルカメラは性能が良いのでほとんどオートモードでOKみたいなところがありますが、自分のカメラがどのような機能を持っているかを知っているだけで撮影の幅と仕上がりが変わることを実感した良い夫婦の日でした(笑)。





関連記事

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/1388-d9284847

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告