04/11

カメラ系の雑誌はほとんどと言っていいほど買わないのですが(ブロガーの皆様の記事で十分まかなえる状態なので笑。いつもありがとうございます)、色々買われているブロガーの方の記事を読んでいて、ちょっと面白そうだったのでゲットしておきました。手に入れたのはかなり前の話ですね(笑)。
カメラマンという雑誌です。付録は小型のレフ版です。

カメラマン付録レフ板

レフ版というと、プロのカメラマンの方が撮影する際にアシスタントの方がモデルさんの横で構えているあの反射板のことだと思います。
今回の付録では折り畳み式なので、かなり小さいものになります。

カメラマン付録レフ板

折りたたんだ状態ではほぼCDと同じ大きさで、広げると結構大きくなります。

カメラマン付録レフ板

カメラマン付録レフ板

捻じれて折りたたまれているので、フレーム部分をよじりながら拡げていきます。

カメラマン付録レフ板

カメラマン付録レフ板

大きく拡げてみました。

カメラマン付録レフ板

カメラマン付録レフ板

大きさ的にはレストランのウェイターが持っていそうなトレイぐらいでしょうか。

どうやって使うの?使い道と効果は?と、カメラ初心者ながら色々試行錯誤しながら、使わない時との差を探してみました。最初はまったく光を考えずに部屋の照明だけで、撮影したものです。ISOの感度を上げるともっと明るく写るかもしれませんが、その分ノイズも増えるので、ISOは200のままです。

カメラマン付録レフ板

蛍光灯の光をレフ版でカメラの下側から直接反射させて当ててみました。どちらの写真も少し長時間露光で明るく撮ろうと試みています。ちなみにフォトラを使った蛍光灯の光は使っていません。

カメラマン付録レフ板

なるほど、上からの光や色々な方向から来る光を反射させて、被写体に当てることで表情を明るく撮ったりすることができるのですね。
日光やフラッシュなどを反射させれば、照明が無くても影の少ない写真を撮ることができそうです。
光をまだちゃんと扱って撮影していない私がレフ板を使うこと自体、まだ少々荷が重いグッズかもしれません…。

記念撮影の時に子供に持ってもらっても表情が明るく撮れそうです。一応カメラバッグにに忍ばせておくことにしました。



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post




関連記事

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/1152-8e6fc494

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告