09/14

世間はiPhone5一色で沸き立っていますが、私はdocomoユーザーなのでdあまり関係ないですね(笑)。dcomo L-06D JOJOの「ここがジョジョだ」というこだわりの部分はあげればキリがないくらいたくさんありますし、それを紹介もしたいですが、それよりもL-06Dという「スマートフォンとして」の部分も使ってみています。

ジョジョスマホ L-06D JOJO Promotion Site
http://jojosma.com/

docomo L-06D JOJO

Androidスマートフォンに搭載されているカメラ性能は新機種がリリースされるごとに高画質化が進んでいて、1000万画素を超えるものもかなりありますが、L-06Dに搭載されているカメラは約800万画素と、少し見劣りしてしまうスペックになっています。

docomo L-06D JOJO

まずは普通に撮影してみました。4:3の解像度なので写真を撮ると横幅の解像度は3264でもかなり大きく感じますね。

docomo L-06D JOJO カメラ撮影

docomo L-06D JOJO最短撮影は約5cmぐらいまでは大丈夫でした。ただ、オートフォーカスをONにしていると、それ以上に近寄ると自動的にフォーカスが合うポイントへと、後ろにずれていきます。

docomo L-06D JOJO カメラ撮影

夜にあるショッピングモール内を撮影したものですが、中央につぼみがあったので、本体ごと近づけてマクロ撮影ギリギリまで寄ってみました。

docomo L-06D JOJO カメラ撮影

昼間に撮影してみると、解像感は800万画素でも結構良い印象です。細かいところまで残してくれていると思います。まぁあくまでスマートフォンの800万画素のカメラとして、ですが。オートフォーカスの精度と、手ブレが原因でなかなか思ったところにピントが合った写真が撮れないです。

docomo L-06D JOJO カメラ撮影

docomo L-06D JOJOこれはスマートフォンのカメラ全般に言えますが、ホワイトバランスの調整の悪さだけは何とかしてほしいところですね。オートの設定だと、動かしただけでかなりホワイトバランスが変わってしまいます。

離れた場所から撮影すると、実際の感じに近い色で撮影できていますが…。

docomo L-06D JOJO カメラ撮影

近づいて撮影しようとすると、ちょっと黄色がかったようになってしまいました。この辺りは好みの色使いとかあるかもしれませんが。

docomo L-06D JOJO カメラ撮影

docomo L-06D JOJO携帯電話内蔵のカメラが最も苦手とする夜間での撮影です。まずはISOオートで撮影。静止画の場合、ISOをオートで設定すると最大ISO1100まで感度を上げてくれます。

まずはISOオートで夜間撮影してみました。プロパティで確認すると、ISOは1100で撮影されていました。

docomo L-06D JOJO カメラ撮影

オートだと、無理やりISO1100まで上げてしまうので、ノイズが目立ちますね。下はISO200で撮影してみました。こちらの方がより自然な感じに写っている気がします。

docomo L-06D JOJO カメラ撮影

実際にスマートフォンのカメラで本気の撮影をすることは私自身は少なくて、ほとんどがSNS系のサービスにアップロードするためのスナップ的な撮影ばかりなので、このカメラ性能で十分な感じではあります。
しかし、本体サイズとインターフェースがうまくマッチしていない印象があって、大きな画面の割にアイコンが小さくてタップしにくかったりと、改善して欲しいポイントは感じますね。





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post




関連記事

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/1074-942fcbac

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告