07/21

面白そうだったので、maxellから発売されているUSBメモリ型のWi-Fi対応SDカードリーダー「AirStash」を購入してみました。SDカードにWi-Fiを内蔵しているものはEye-Fiだったり、いろいろありますが既存のSDカードをWi−Fi対応にするとの事で、こちらをチョイスしました。ただし、Amazonでフラストレーションフリーパッケージを購入しましたので、外箱の写真は無しです。

AirStash - Wi-Fi SDメモリカードリーダー「エアスタッシュ」 - マクセル
http://www.maxell.co.jp/airstash/

本体です。USBメモリにしては少し大きめの本体。幅はSDカード分、長さはクレジットカード分くらいあります。

maxell AirStash Wi-Fi SDメモリーカードリーダー MAS-A02A

SDカードは本体下部のスリットに入れます。押し込んでスプリングで固定するタイプです。

maxell AirStash Wi-Fi SDメモリーカードリーダー MAS-A02A

USBコネクタ部分は簡易的なスケルトンのキャップのみで、キャップはどこかにドッキングしたりはできません。まぁ、基本パソコンにつなげたままではなく、スタンドアローンで動作するものなので、キャップはほとんど付けたままになりますね。

maxell AirStash Wi-Fi SDメモリーカードリーダー MAS-A02A

USBコネクタ部分根元にある電源ボタン。電源ボタンを押すと、3回程点滅し電源がONを知らせてくれます。その後、Wi-Fiの準備が出来次第、一定間隔でLEDが緑で点滅します。

maxell AirStash Wi-Fi SDメモリーカードリーダー MAS-A02A

今回はメインで使っているのがAndroid端末なので、GALAXY NEXUS SC-04Dで試してみました。AirStash自体がサポートして公式アプリが提供されているのはiPhone/iPadです。現時点ではAndroidはブラウザ経由でアクセスするのみの対応になっています。
他にもiPhone 3GSを持っていますので、これは後日試してみようと思います。まずはGALAXY NEXUS SC-04DのWi-Fi設定で、AirStashのアクセスポイントへ接続します。初回時はアクセスポイントに対して何のセキュリティもかかっていないオープンなものになっていますので、要注意です。

maxell AirStash Wi-Fi SDメモリーカードリーダー MAS-A02A

接続後、ブラウザアプリを起動し、「http://AirStash.net/files」へアクセスします。

maxell AirStash Wi-Fi SDメモリーカードリーダー MAS-A02A

アクセスできると、SDカード内のフォルダが見えるようになっていますので、階層を辿り、試しに保存しておいたデジカメで撮影したJPEGをタップします。

maxell AirStash Wi-Fi SDメモリーカードリーダー MAS-A02A

ブラウザで画像を見ることができました。ファイルをホールド(長くタップしたまま)すると、ダウンロード保存したりすることも可能です。

maxell AirStash Wi-Fi SDメモリーカードリーダー MAS-A02A

デジカメだと、MOV形式で動画を撮影したりもしていたのですが、タップしてみたところインストールしていた動画系アプリで問題なく見れました。今回は「MX 動画プレーヤー」です。

maxell AirStash Wi-Fi SDメモリーカードリーダー MAS-A02A

使ってみて思うのは、普段から自宅・職場・外出先などでWi-Fiを多用している人にとっては接続の切り替えが面倒、逆にあまりWi-Fiを使わない人にとっては敷居が高いような気がしました。Androidアプリで、ウィジェットをタップするだけでWi-FiがON~APへの自動接続~ブラウザでアクセスを自動化できれば良いのですが、実際に利用できる便利さを感じるまでに手順が若干面倒です。

ただ、その利便性は高いように感じました。GALAXY NEXUS SC-04DのようなmicroSDカードスロットを持たないデバイスにとっては、まさにAirStashは「救世主」的な存在に感じます。PC経由でなくても、データを受け取ることができます。

注意しなければいけないのは、「利用中、3G回線を利用できない」こと。つまり、Wi-Fi接続を「確立」するとOS的にはWeb・メールチェック・バックグラウンドでの更新などをWi-Fi経由で行おうとしますが、AirStashは回線を持っていないので、結果エラーになり使えません。まぁ、言ってしまえば「外部から隔離されたセキュアな空間」でデータを扱えることにつながるとは思うのですが、Wi-Fiの接続を2系統とはいかないまでも、3G回線との両立はできるようになって欲しいところですね。
せっかくSDカードが扱えるのに、すぐにSNS系サービスへアップロード出来ないのは敷居を高くしてしまいますし。

複数デバイスを同時に、または使い分けて持ち歩く人にとっても、同じデータを違う端末にそれぞれコピーしておかなくてもWi-Fi対応であればAirStashに入れておくだけで良いので便利です。





関連記事

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/1049-ed65c352

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告