06/14

先日参加させていただいた、みんぽす様主催のカシオ EX-ZR300イベントで、よみうりランド内で色々とカメラを試させていただくことが出来ました。関係者の皆様、ありがとうございました。
EX-ZR300はコンパクトデジタルカメラながらも、デジタル一眼レフ顔負けの機能をたくさん搭載しています。

CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズ

EX-ZR300 - デジタルカメラ - CASIO
http://casio.jp/dc/products/ex_zr300/

まずは、よくある「逆光」での人物の撮影。家族撮影だけでなく、結構良くあるシチュエーションですが、プレミアムオートと、HDR撮影でより自然に、人物もキレイに撮影できました。これは従来モデルから慣れ親しんだモードですね。私のEX-ZR10でも搭載されています。ですが、画像処理の速さはEX-ZR10とは比べ物にならいくらい速いです。
最初はオートモードでの撮影です。暗い逆光の為、子供たちは黒くつぶれてしまっています。

CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズ

同じ状況下で、今度はHDRモードで撮影してみました。HDRモードは「ハイダイナミックレンジ」と呼ばれる撮影方式で、高速処理を生かして明度差が違う撮影を複数枚行い、それを合成することで暗い場所を明るく、明るい場所はそのままに撮影できるモードです。

CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズ

さらにカシオのデジタルカメラでは「これ1つで何でもOK」と言わんばかりの、プレミアムオートモードです。こちらでは状況を自動的に判断し、モードを変更してくれます。この場合は暗所用のモードに切り替わってしまい、後ろの方の地面が白く飛んでしまいました。ただ、人物は明るく撮れていますが(笑)。使い分けがポイントになってきますね。

CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズ

CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズこの時はCASIOの方々がレクチャー中だったのですが、その後ろの方に娘がいたので、ズームもこっそり試してみました。これだけズームしてもブレが無いのは驚きですね。


次は、EX-ZR300ならではの機能、動画撮影中の写真撮影です。EX-ZR300ではこの動画撮影中にハイスピード撮影も可能です。実際に試してみましたが、これ非常に使いやすいです。確かにフォーカスがどうしても甘くなってしまう部分が出てくるのですが、いわゆる「置きピン」で固定撮影するとものすごくキレイに撮れますね。MFに切り替えることがもっと簡単にできればさらに使いやすい機能になりそうです。



CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズ

家族でもこの動画撮影中の静止画撮影はかなり利用用途がありますね。通常、動画で撮影した後にPC等で動画から静止画を切り出しても画質は落ちてしまいますが、この機能だと気になったところをシャッターボタンを押すだけで撮影できるので便利ですね。動画撮影中に十字キーを押すことで通常撮影→HS撮影も切り替えが可能です。



CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズ

CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズ

カメラの天敵、動く被写体の中でもかなりの強敵であるジェットコースターでも試してみました。HS撮影でも「パスト撮影」を行うことでシャッターを押す瞬間よりも前からを記録してくれますので、チャンスを逃すことも少ないですね。30fpsで、30コマを撮影するモードで撮った中から何枚か載せておきます。

CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズ

CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズ

CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズ

CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズ

ただ、この時メモリが許す限り連続して撮影はできたのですが、メモリ一杯になると操作を何も受け付けなくなってしまう時がありました。一瞬壊れたのかと思いましたが、エラー発生を抑制するための策なんでしょうね。
あと、これはEX-ZR10でもそうなのですが、HS撮影を多用すると、後でカード内をPCで見ると同じような写真が大量に出てくるので管理が大変です(笑)。

ZRシリーズではおなじみのHDRアートモードも健在です。印象的には従来モデルよりもより自然なアート処理を行うようになったと感じました。以前の無理やりコントラストを上げたような「無理やり感」が少なくなっている印象です。この時はHS撮影した時と違って、再生ボタンを押すと「処理中です」といった表示が出ました。この辺りは処理を統一して欲しかったかも。

CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズ

EX-ZR200でも搭載されていた、「背景ぼかし」モードも引き続き搭載されています。ただ、以前のエンジンからは改善されているらしく、何枚か撮ってみても「処理できずに通常撮影」という結果にはなりませんでした。使えるモードに仕上がっていて驚きました。家族のアップ写真はこのモードの方が雰囲気でるかもしれませんね。

CASIO EX-ZR300 みんぽす モノフェローズ

一日家族を撮る為に使ってみて、感想はやはり「使いやすい」の一言でした。今回デジタル一眼レフの出番はナシにして、ずっとEX-ZR300を片手に撮っていて、何も考えずにシャッターボタンを押していましたが、AFの速さと起動の速さは非常に大きな助けだと実感しました。
使っている中でふと気になったのは、EX-ZR10だと液晶横の撮影モードボタンで電源オフから起動が可能だったのですが、EX-ZR300では電源ボタンを押す必要があります。撮影モードボタン(REC)ボタンで電源のオン/オフが行えるようになるためには、MENU~設定~と辿り、「REC」の項目から、「パワーオン/オフ」か「パワーオン」を選択すれば、次回からは電源ボタンでも撮影モードボタンでも両方大丈夫になります。
後は先にも書いた、書き込み中の処理表示でしょうか。オプション等で「書き込み中の表示を行う/行わない(その間操作は受け付けない)」などの設定変更が出来れば。
全体的にEX-ZR10ユーザーである私からみて、EX-ZR300はかなり機能が使いやすく、進化しているように感じました。EX-ZR200での「快速シャッター」はそのままに、EXILIMエンジンをフルに生かしたEX-ZR300は手軽に家族を撮れる「親バカ専用」のコンパクトデジタルカメラですね。そろそろ買い換えても良いかなと思った一日でした。
このEX-R300はそのままお借りすることができましたので、しばらくの間EX-ZR10に置き換えて使い込んでみたいと思います。

この記事はカシオ計算機株式会社が行うブログレビュー企画に参加して書いています。

本企画への参加及び記事掲載は無報酬ですが、遊園地のワンデーパス及び昼食券の提供を受けています。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

16458-1375-278280



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post




関連記事

0 Comments

Leave a Comment


Trackback

http://shinjiman0101.blog21.fc2.com/tb.php/1018-877dee32

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告