最新LOKAの記事一覧


12/15

ロカリサーチ様より、ロジクール ワイヤレスマウスキャンペーンの一環でワイヤレスマウス M525(Logicool Wireless Mouse M525)をいただきました。ロジクールと言えば、パソコンの周辺機器をリリースしているメーカーの中でも流線型でスタイリッシュなデザインが特徴のメーカーです。個人的に私もロジクール製品はいくつも愛用しています。

今回いただいたのは、ワイヤレスマウスの中でも今までに無かった新機能を搭載というのはありませんが、メインとなる機能の操作性が格段にアップしているモデルです。
マウスは普段から使う入力デバイスの1つでもあり、日常パソコンを使っているユーザーにとってマウスのの使いやすさは作業の効率にも直結しているので、この辺りは個人的にも気になるところでした。

LogicoolR Wireless Mouse m525
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/mice-pointers/mice/devices/9226

一目見てロジクールの製品だとわかるグリーンとブラックを基調としたカラーリングですね。カラーは他にもレッドとブルーがあるようですが、今回いただいたのはチャイナブラックと呼ばれるカラーです。

ロジクール ワイヤレスマウス M525

側面から見るとまるで競泳用水着にありようなデザインです(笑)。流線型のボディの中に直線で入ったグリーンのラインが目立ちます。

ロジクール ワイヤレスマウス M525背面にはロジクールのロゴマークが。側面はシリコン製、上面は光沢のあるプラスティック製で構成されています。

ロジクール ワイヤレスマウス M525

このホイールがこの製品のポイントでもあるのですが、これは触ってみないとわからないものですね。よくある「カチカチ」といった歯車を回転させたようなホイールでは無く、かなり細かく滑らかに動きます。72個のマイクロラチェットと呼ばれる機構が搭載されている為ですね。

ロジクール ワイヤレスマウス M525

底面には、電源用のスイッチと、バッテリー交換時に使用するスイッチがあります。

ロジクール ワイヤレスマウス M525

底面のバッテリー用スイッチをスライドすると、上面のカバーが外れる仕組みになっています。個人的にはこれはうれしい仕様ですね。「カバーを押してスライド」というよくある作りは同様の負荷がかかると外れてしまいますし、二度手間ではあってもこういう作りの方が使用中でも安心できますね。
また、このM525は光学式マウスですが、最近のレーザー式マウスと同等の精度を実現している「LGT(レーザーグレードトラッキング)」を搭載しています。使ってみましたが、かなり細かくカーソルを動かせるので、レーザー式マウスとほぼ違和感なく使えました。

ロジクール ワイヤレスマウス M525


ロジクール ワイヤレスマウス M525


バッテリーは単三電池2本で動作します。内部には、Unifying対応レシーバーを格納することができます。個人的に思うのですが、ロジクール製品はこの「1つのレシーバーで複数製品を使用できる」規格である、Unifyingをほとんどの機器に搭載していますが、どの機器を購入してもレシーバーが付属してきます。これだとレシーバーがどんどん余ってしまうのですが、「レシーバー無しで安価なモデル」は発売されないのでしょうか?

ただ、このバッテリー部分がM523の最大のセールスポイントとも言えるかもしれませんね。このM525はあくまで公称値ですが単三電池で最大3年も問題なく使えるようです。これはすごいですね。充電式のロジクール製マウスも使った事がありますが、充電式は充電用の機器が必要になりますし、電池式は電池の予備を常に用意しておかないと不安でしたから。三年の電池寿命(話半分でも一年半)ですと、電池の減りを気にする必要は無くなります。このバッテリーの寿命については相当自信があるのか(笑)、「トコトン長持ちキャンペーン」というキャンペーンを行ってられますね。

トコトン長持ちキャンペーン&限定スペシャルムービー
http://bit.ly/v8jsRJ



ロジクール ワイヤレスマウス M525

普段使っているマウスはエレコム製のものがあるのですが、せっかくなので交換してM525を実際に数時間使ってみましたが、他のマウスと比べると少し背が高い印象です(約3.8cm)。逆に全長は長くない(約10.2cm)なので、使ってみると好みが別れそうなホールド感です。背が高いとその分手首を曲げる必要があるので、作業時の姿勢によっては使いづらい印象になるかもしれません。リストレストがあるマウスパッドを使った方が良いかも。
ですが、左右のシリコン部分でグリップ感は決して悪くなく、個人的には好きな感じでした。それにこのホイールのスムーズな回転はかなり便利でした。メーカー的には「ウェブブラウジングに最適」とありますが、細かいスクロールができるので画像編集等にも使えそうです。3,980円というマウスとしては比較的手の届きやすい価格なのも魅力です。



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





07/27

ロカリサーチ様からウィルコムのキャンペーンに関してのYouTubeを紹介していただけました。ウィルコムは私が以前かなりお世話になったキャリアです。元々、Windows Mobileを触ることになったのは、ウィルコムのW-ZERO3がきっかけだったので…。いわばウィルコムと契約しなかったら、このブログも現在のこの立場も無かった、と私的には思っています。



佐々木希さんって秋田出身の方だったんですね。あまりプロフィールを拝見した事がなかったので、知りませんでした…すみません。こうやって聞くと地方の「訛り」って、年配の方が使うイメージだったんですが、違うんですね。関西圏の私には千原兄弟は馴染み深いコンビなので、この会話にある「ギャップ感」が面白いです。

現在、ウィルコムではキャンペーンを行っているようですね。100万台を突破したとの事で、「だれとでも定額」というプランを3か月間無料にするキャンペーンを開催中です。

WILLCOM|だれとでも定額スペシャルサイト ~OPENING~
http://www.willcom-inc.com/ja/ad/daretodemo/index.html

あまりこの詳細なキャンペーンの内容を読んだことは無かった(現在はdocomoユーザーなので)のですが、キャリア関係なく、月500回までの10分以内の通話が月額980円で使えてしまうのはすごいですね。

wilcom2_kansoukijiyou

機種なら、X PLATE × DELL Streakが気になるところですが、Android 2.2ですからね…。同じタブレット系を持つのであれば、Android 3系が触ってみたいですね。少し残念です。バージョンアップで可能なら…とは思います。




にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





06/28

ロカリサーチ様からの案件で、PHILIPSのiPhone/iPod用のスピーカー「DS9000」をお借りしました。Dock接続の少し大きなタイプのスピーカーです。


DS9000製品情報|フィリップス Fidelio ドッキング・スピーカー
http://www.japan.philips.co.jp/fidelio/products/ds9000.php

まずはかなり特徴的なシンプルすぎる外観からです。全体がスピーカーの形状になっているような、前面がサランネットで覆われている変わった外観ですね。シンプルです。

110623_141352

正面から見ると、Dockコネクタ、ボリュームボタンしかありません。ボリュームボタンも主張しないデザインでパッと見わかりません。

110623_141434

DSC_0230付属品は、電源ケーブル、外部入力用ケーブル、リモコンの3つのみです。

中央部分はくりぬかれており、背面まで突き抜けています。この構造でスピーカー自体が音へ干渉する事を防いでいるらしいです。

110623_141516

110623_141524Dock部分は前後に可動するようになっていて、保護ケースに入っているiPhone、iPadまでを問題なく接続できるようになっています。ちょうどスピーカーと当たってしまう部分にはゴムのスベリ止も付いています。

110623_141908コネクタ部分の可動範囲は大きくはありませんが、保護ケース等を装着していても干渉部分を考えずに接続できるところが便利ですね。

110623_141904

背面も非常にシンプルです。バスレフタイプなので、背面に2つ通気孔があります。コンセントは2極プラグタイプで他には外部入力用の3.5mmジャックしかありません。キレイな曲面処理で何もありませんね。Dockコネクタからの入力と外部入力との切り替えはリモコンで行います。

110623_141641

110623_141801

DSC_0235

実際にiPod nanoを接続してみました。スピーカー本体に電源のON/OFFはなく、Dockコネクタに接続すると電源がONになります。スピーカー側で操作するのは、音量のみです。その他スキップはiPodで行います。この音量ボタンは再生時にはオレンジのLEDで点灯します。

110623_141440110623_141443

ちなみにiPod nanoはレザー製の保護ケースに入れたままです。Dockコネクタ部分の前後可動のおかげで問題なくこのまま接続できました。

DSC_0236

iPodの操作に関しては付属のリモコンでも行う事ができます。外観は卵型でどちらかというとiPhone 3GSを連想させるデザインになっています。MENUボタンやOKボタン等、iPodを操作する感覚でリモコンを操作できます。

DSC_0232

iPod nano(内蔵イコライザはフラット)を鳴らしてみた感想は、「キレイで素直な高音」です。高音部分の音の始まりが素直で輪郭がしっかりしている感じですね。ただ、反対に低音部分の輪郭は丸くなっている印象です。低音自体は良く出ているのですが、輪郭が「丸い」ので音程がぼやけているように感じました。音程がわからない程ではないのですが。

iPhone/iPadには専用アプリがあるので、そちらをApp Storeからインストールして使ってみました。アプリを起動してDS9000を認識すると、プレーヤーの画面以外に、イコライザのページが追加されます。

iTunes App Store で見つかる iPhone、iPod touch、iPad 対応 Fidelio
http://itunes.apple.com/jp/app/fidelio/id355645426?mt=8

IMG_0047

他にもアラーム機能をDS9000と連携できたり、天気表示機能を持った時計のページや、

IMG_0053IMG_0049

インターネットラジオの機能等があります。プレーヤー自体の機能もプレイリストや共有機能でTwitterやFacebookに投稿できる機能等、純粋にアプリ単体としても完成度は高いです。

IMG_0054IMG_0055

オマケ機能なのか、PHILIPSのロゴをタップすると、シリーズの商品写真が見れるようになっています。

IMG_0050

専用アプリを使ってiPhoneをDS9000で鳴らしてみましたが、断然こちらの方がオススメできますね。音の輪郭と強調部分が内蔵のイコライザよりもはるかに良く効いています。音の輪郭もはっきりしてきますね。

DSC_0238

DSC_02375バンドのイコライザーに加え、DBB(ダイナミックバスブースト)が音にかなり厚みを加えてくれます。

音の「拡がり」はそこまで部屋全体に広がるものではありませんが、個人的にはデジタル音源を鳴らすスピーカーとしては満足できるレベルです。ただ、気になったのはその「操作性」です。

DSC_0239

主にリモコンで操作する事になるのですが、専用アプリでiPhoneを鳴らしている場合、十字キーの左右では曲のスキップになってしまい、アプリ内のページ移動は結局画面をフリックするする事になってしまいます。専用アプリ内だけでもリモコン連動で操作性をもっと考慮して欲しいところですね。

どんな室内にも調和するようなシンプルでシックなデザイン、外観に似合わない輪郭のはっきりとした高音と、厚みのある低音はデジタル音源を楽しむ人にはお勧めできるスピーカーですね。





にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





01/20




東京マラソン2011専用のバナナなんてあるんですね。少し驚きました。2011/02/27に開催される予定の、Dole東京マラソン2011専用バナナのプロモーションでLOKA様から紹介いただきました。

東京マラソン 2011 専用バナナ - Dole Japan, Ltd.
http://www.dole.co.jp/tokyomarathon2011/index.html

Doleでは、「聴育」と呼ばれる植物に音楽を聴かせて成長を促せることも行ってきたらしく、フィリピンで栽培されてきた、との事。すごいですね。そういう栽培方法もあるとは知りませんでした。
フィリピンのラカタン農園で栽培されたラカタンバナナはクエン酸が豊富に含まれ、スポーツ向けのバナナとしては有名らしいです。クエン酸はスポーツドリンクなどによく含まれる成分なので、よく耳にしますね。

全7話で紹介されるみたいなので、全部見るとドキュメンタリー放送を丸々1本見た感じになりますね。これから順次配信されていくらしいです。




にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ


a quickr pickr post



01/10

PHILIPS sonicare ブリスターパック先日、参加させていただいていたPHILIPSのヘッドフォンマラソンを完走したとの事で、特別にPHILIPSの電動歯ブラシをいただきました。PHILIPSのシリーズ化されている、sonicareシリーズのうちの1つ、イージークリーン(HX6511/02)です。

イージークリーン - ソニッケアー
http://www.sonicare.jp/brushes/easyclean/

本体は少し大きめで、ブラシ部分を付けるとA4サイズぐらいになります。少しだけ手に余る感じですね。ですが単なる円筒形ではなく、ゆるくカーブしている形状なので、手には馴染みます。

PHILIPS sonicare 全体

スイッチは防水されているので、メンブレン式のスイッチです。ゴム製なので、あまり爪を立ててスイッチを押すと敗れてしまいそうなので気をつける必要がありますね。

PHILIPS sonicare 電源ボタン

ブラシ部分です。ヘッド部分は市販されている通常の歯ブラシよりも少し大きめに作られています。また、ブラシの毛先の形状も独特ですね。手で動かして擦る歯ブラシとは違う動きをするので、この方がよりキレイになる仕組みのようです。プロリザルツ ブラシヘッドと呼ばれている形状だそうです。

PHILIPS sonicare ブラシアップ3

PHILIPS sonicare ブラシアップ1
PHILIPS sonicare ブラシアップ2
ProResultsというタイプのブラシが付属しています。大きさはスタンダードタイプでしたが、オプションでミニタイプもあるようですね。


電源はリチウム電池で、充電式です。充電台にセットすることで充電される仕組みになっています。水を扱うものなので、当然接点の露出は無いですね。

PHILIPS sonicare 充電器
PHILIPS sonicare 充電時
充電時の安定用に突起がありますが、そこまで安定させるものではないので、平らな場所に置かないといけませんね。


実際に使ってみましたが、2分間で自動的に停止する構造になっている為、わかりやすいですね。初心者向けということもあってか、最初のうちは振動が小さめになっているのもうれしいです。自分で慣れていくのではなく、イージークリーンと一緒に電動歯ブラシに慣れていけるようになっているのは小さな気遣いですが、大きい部分だと思います。

実際にスイッチを入れてみました。



音自体は机の上に置いているのと、初回起動時の振動がソフトな時なので、使い続けているともう少し大きな振動に変わるかもしれませんが、使った後は歯がツルツルになっています。すごいですね。

電動歯ブラシ自体が使ったことがなかったのですが、楽ですね。振動が骨に響くのは慣れが必要なのと苦手な方がいらっしゃるかもしれませんが、磨いた後のスッキリ感は明らかに手で磨いたものと違います。私の場合はすっかりソニッケアーになってしまいました。替ブラシの購入を検討中です。




にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ


a quickr pickr post



カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告