最新モノフェローズの記事一覧


09/05

ちょっと家電?カテゴリからは外れてしまうと思うのですが、家電とは切っても切れないものをみんぽす様よりお借りしました。
東芝LED電球E-CORE LDA9N-D-G、LDA9L-D-G」です。

E-COREエッセンス|LED+SMART LAB(LED+スマート ラボ)|東芝ライテック(株)
http://www.tlt.co.jp/tlt/e-core/about/essence.htm

このレビューみんぽす様より無償でお借りして書かれています。(詳細は末尾で)

東芝ライテック E-CORE[イー・コア]シリーズ
 D5000 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / マニュアルモード / 1/30 / F22 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

貸出までしてもらって、ブログで記事にするということは当然従来のLED電球とは「ここが違う!」的なセールスポイントがあるはずです。ですが、最初に見た感じではこれといった違いは感じられませんでした。若干普通に市販されているLED電球と比べると重く感じるぐらいでしょうか。

東芝ライテック E-CORE[イー・コア]シリーズ
 D5000 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / マニュアルモード / 1/30 / F22 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

私の家は昨年11月に引っ越したばかりで、引っ越す際にそのほとんどの照明を入れ替えています。その内、8割くらいは電球タイプからLED照明タイプへ変更してしまっていて、電球タイプを使っているのは、脱衣所と浴室を残すのみでした。
ですので、必然的にその2ヵ所で試してみることにしました。
まずは脱衣所です。ここには1つだけ電球があったのですが、引っ越し時にLED電球に取り換えていました。下は従来のLED電球です。ワット数は40Wです。ここからの比較写真は、念の為、三脚を使って、マニュアルでシャッタースピード・絞り・露光・ISO等を基本的に固定して比較撮影しています。その後、Adobe Lightroom 5でRAWからJPEGへ補正無しで現像しています。

東芝ライテック E-CORE[イー・コア]シリーズ
 D5000 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / マニュアルモード / 1/15 / F6.3 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

ここをお借りした東芝のLED電球に取り換えてみました。画像が白飛びしてしまっていますが、これはカメラの設定をマニュアルで固定して撮影している為です。上の従来からの電球と比べると、ここまで明るさが違います。同じ40Wなのですが、何がここまで変えるのでしょうか。

東芝ライテック E-CORE[イー・コア]シリーズ
 D5000 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / マニュアルモード / 1/15 / F6.3 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

電球の撮影の為に2階の書斎から一緒に降りてきた、空条承太郎フィギュアを撮影してみると、これだけ違います。当然明るい方が東芝のLED電球です。後ろの白いプラ製のカゴの色がより自然に白く見えています。

東芝ライテック E-CORE[イー・コア]シリーズ
 D5000 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / マニュアルモード / 1/8 / F5.3 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

東芝ライテック E-CORE[イー・コア]シリーズ
 D5000 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / マニュアルモード / 1/8 / F5.3 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

昼光色タイプも一緒にお借りしていたので、続いて浴室にも取り付けてみました。下は元々取り付けている照明です。密閉式で中は脱衣所と同じLED照明の昼光色タイプです。

東芝ライテック E-CORE[イー・コア]シリーズ
 D5000 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / マニュアルモード / 1/50 / F5.0 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

お借りしたLED電球と取り換えてみました。光の拡がりが違うのがわかるでしょうか。

東芝ライテック E-CORE[イー・コア]シリーズ
 D5000 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / マニュアルモード / 1/50 / F5.0 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

浴室には同じ照明が2つ取り付けられていますので、比較する為に1つずつ違うものを使ってみました。一目瞭然で左の照明の方が明るいことがわかります。

東芝ライテック E-CORE[イー・コア]シリーズ
 D5000 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / マニュアルモード / 1/25 / F5.0 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

せっかくなので、取り外した従来のLED電球と比較してみました。比較対象は、今使っているLED電球で近くのホームセンターで購入してきた安価なモノです。確かホームセンターだけで展開している独自シリーズだったと思います。

東芝ライテック E-CORE[イー・コア]シリーズ
 D5000 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / マニュアルモード / 1/20 / F11 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

違うのはこの2cm程のガラス部分の「差」です。これが光の拡がり方をこうまで変えてくれている秘密なのですね。東芝のLED電球はより光を横に広げる為にガラス部分が大きくなっています。

東芝ライテック E-CORE[イー・コア]シリーズ
 D5000 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / マニュアルモード / 1/20 / F11 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

従来の電球では、約260~300度の角度で光を照射していたのですが、最近のLED電球では、下方向への約120度の照射が限界でした。このE-COREでは、「マルチ拡散グローブ」のおかげで約260度の従来と同じ角度で光を照射してくれるので、明るく感じるのだと思います。
2cmの違いで、140度分もの光の拡散を増やしてくれるのですね。

個人的に思ったのは、「白はより自然に白く」、「昼光色はより自然な太陽光に近く」なっているように感じました。肉眼で自然な色合いに見えます。LED電球自体が以前の電球に比べると光が弱いように感じていたのですが、それを驚くぐらい改善してくれるのは驚きました。
価格的には、通常のLED電球よりも少し値が張るのが現状ですが、日常的に照明は使うものですし、人間は視覚からも美味しさや感情を読み取ったりもしますからこういう出費はケチらない方が良いかもしれませんね。
いつも見ている相手の顔も、“より”キレイに見えるかもしれませんよ(笑)。

17492-1375-293337

17492-1375-293337



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





07/29

仕事から日が沈みきってしまう前に帰ってくることが何回かできた日があって、そんな時にみんぽす様よりお借りしている「ケンコー・トキナー AT-X 12-28 PRO DX」で自宅ベランダから空を撮ってみました。

DSC_0949
D5000 + ケンコー・トキナー AT-X 12-28 PRO DX / マニュアルモード / 0.77 / F22 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

広角12mmだと、ベランダから撮影していることが丸わかりですね(笑)。左上に物干し竿が写り込んでしまっています。あ、そう言えばLightroom 5を使えばこういうものもレタッチできそうですね。

20130720_192328
D5000 + ケンコー・トキナー AT-X 12-28 PRO DX / マニュアルモード / 1/25 / F16 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

なかなか奥行き感を濃縮したような印象を写真の中に残すのは難しいですね。リーディングラインというものをうまく使えればm見る人に感じさせることができるそうですが…。そんなものを意識して撮影したことが無いのでいまいちピンときません。

20130719_191454
D5000 + ケンコー・トキナー AT-X 12-28 PRO DX / マニュアルモード / 1/8 / F22 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

AT-X 12-28 PRO DX | 広角レンズ | トキナー
http://www.tokina.co.jp/camera-lenses/wide-lenses/at-x-12-28-pro-dx.html


このレビューはみんぽす様より無償でお借りして書かれています。(詳細は末尾で)

17505-1375-293141

17505-1375-293141



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





07/27

今日は娘が通う保育園の夏祭りだったので、カメラを肩から下げて行ってきました。

20130727-20130727_120407

夕立が降ったら嫌だなと心配しながらも、Nikon D5000にみんぽす様よりお借りしている「ケンコー・トキナー AT-X 12-28 PRO DX」と、前日ギリギリに到着した新レンズを、Amazonベーシックのカメラバッグに入れておきました。

心配をよそに、天気は晴れで、真夏日。ですが湿気がそれ程高くなくて暑いものの我慢できる気温でした。

20130727-20130727_121256

基本はお借りしている「ケンコー・トキナー AT-X 12-28 PRO DX」で、撮影です。やはりこのレンズ、非常に使いやすいです。家族旅行で出かける際に旅行先の風景よりも家族の写真を優先で撮りたい方は標準装備で問題無しだと思います。

20130727-20130727_123102

基本的にこういうイベントだと人が多くて、子供を撮ろうにも距離が近すぎてバストアップの写真や顔のアップしか撮れなかったりすることが多かったのですが、広角12mmのワイドなレンズのおかげで、奥行き感のある全身写真を撮ったりすることが可能です。

20130727-20130727_121517

上や下の写真はほとんど子供と1mも離れていない状態で撮影しています。

20130727-20130727_122656

よく「子供の写真を撮る時は、遠くから自然な表情を撮る」なんて言われていたりもすると思いますが、近くでもこのレンズのおかげでこんなに子供を撮れます。

20130727-20130727_121537

20130727-20130727_123400

肝心の夏祭りの出店も一通り楽しんで、帰ろうとした矢先に某ファーストフードの宣伝マンが現れたりもしましたが、娘らは出店で手に入れたオモチャで遊びたいが為に帰宅する気満々でしたので、あまり絡むこともなく、帰宅(笑)。

20130727-20130727_122056

AT-X 12-28 PRO DX | 広角レンズ | トキナー
http://www.tokina.co.jp/camera-lenses/wide-lenses/at-x-12-28-pro-dx.html


このレビューはみんぽす様より無償でお借りして書かれています。(詳細は末尾で)

夏祭りには去年も参加したのですが、さすがに1年も経つと本人たちも成長してくれているので暑さと育児の両方が全力で襲ってくることはなく、ある程度本人達の自主性に任せても大丈夫になっていたので楽でした。

20130727-20130727_120457_01

上の写真は、冒頭で書いた新レンズで撮影したものなんですが…。やはりメーカーの特性らしく、クッキリ感がすごいですね。そのレンズはまた後日に。

17505-1375-293142

17505-1375-293142



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





07/27

最近、プリキュアにご執心な娘です。たまたまハマり出す日が新シリーズ ドキドキ!プリキュアの第1話だった事もあり、ずっと見続けています。
その中でもお気に入りはエンディングテーマです。ボーカロイド?っぽいプリキュアが振り付きで踊りながら歌う姿を最初のころから真似しています。

ドキドキ プリキュア ED この空の向こう

器用にステップを踏むなぁ、と素直に感心してしまいました(笑)。

ドキドキ プリキュア ED この空の向こう

最近は少し画面に追いつくようになりました(笑)。いや、3歳児でそれもすごいなと思うのですが。

ドキドキ プリキュア ED この空の向こう

ドキドキ プリキュア ED この空の向こう

最後の決めポーズはキュアソードで(笑)。

ドキドキ プリキュア ED この空の向こう

ちなみに某氏のYoutube動画を見せたら、さらにやる気を出して踊りまくっていました。娘の「踊ってみた動画」を私がアップロードする日もそう遠くないかもしれません。

撮影はみんぽす様よりお借りしている、「ケンコー・トキナー AT-X 12-28 PRO DX」をNikon D5000に装着して撮影しました。明るく撮影できるので、室内でも気軽に使えますね。最短焦点距離が25cmというのも狭い我が家での撮影にはぴったりです。

AT-X 12-28 PRO DX | 広角レンズ | トキナー
http://www.tokina.co.jp/camera-lenses/wide-lenses/at-x-12-28-pro-dx.html


このレビューはみんぽす様より無償でお借りして書かれています。(詳細は末尾で)



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





07/26

みんぽす様よりお借りした「ケンコー・トキナー AT-X 12-28 PRO DX」ですが、祇園祭直前に到着したこともあって、ロクな商品の紹介もせずに撮影ばかりしてしまっていました(笑)。祇園祭も落ち着いたので、ひとまず使用したレンズを。

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

AT-X 12-28 PRO DX | 広角レンズ | トキナー
http://www.tokina.co.jp/camera-lenses/wide-lenses/at-x-12-28-pro-dx.html


このレビューはみんぽす様より無償でお借りして書かれています。(詳細は末尾で)

「ケンコー・トキナー AT-X 12-28 PRO DX」の特徴は、12~28mmのどの距離でもF4を実現しているところです。広角時、ズーム時のいつでもF4での明るく、ボケ味が出せるようになっています。

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

AFとMFの切り替えは小さなスイッチではなく、フォーカスリングを引き出して切り替えを行います。

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

最初は違和感を感じましたが、慣れてくるとこの操作は便利ですね。ファインダーを覗いたままスイッチの場所を確認する事なく切り替えて使う事ができます。
さらにカメラボディ寄りのリングがズームリングになっています。

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

程よい抵抗があって、操作感は悪くないです。ズームリングを回してもほとんどレンズは出てきません。

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

フィルター口径は77mmです。PLフィルター等を買う時の参考に。ですが、広角レンズなのであまり分厚いフィルターを装着するとケラレが生じる可能性があるので注意が必要ですね。

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

実際にNikon D5000へ装着してみたところです。花形フードが付属しているので、このような感じになります。この花形フードも内側が植毛処理されていて、非常に高級感があるものになっています。

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

では実際に撮影してみた違いです。フォトラでセットしたフィギュアに三脚でNikon D5000を設置して撮影してみました。撮影環境はこんな感じでした。

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

ますはD5000の標準レンズの広角端で撮影してみた写真です。左右にフォトラが写り込んでいます。

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

次に、D5000に「ケンコー・トキナー AT-X 12-28 PRO DX」を装着しなおして広角端で撮ってみました。撮影位置は標準レンズの時と同じ、またカメラ設定も同じにしてみました。

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

写り込んでいるフォトラの大きさがまったく違いますね。18mmと12mmでここまで変わります。この使い勝手の良さは、家族と一緒に歩いていても、隣に歩いている家族の全身写真を撮ることができるので、かなり便利だと感じました。
気になるのは、逆光撮影時のゴーストフレアの発生率が他のレンズと比べて少し高い事でしょうか。確かに標準レンズだと映り込まなかったゴーストフレアが結構頻繁に映り込みます。広角レンズなので、どうしても取り込む光が多いからだとは思いますが。

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

ほんの少し角度を変えてあげるだけで消えてくれるのですが…。この場合はカメラをさらに少し上に向けてみました。

ケンコー・トキナー AT-X 124 PRO DX 12-24mm F4

このレンズ特有のクセも含めて使いこなせるようになればさらに撮影の幅は拡がりそうです。

2013/07/12 京都・祇園祭 鉾建て

広角撮影時の周囲が流れるような画像の場合はレンズの色収差が発生しやすいのですが、このレンズはまだ少ないように感じました。RAW現像時に若干の補正でキレイになってくれますし。
ただ、広角レンズで出したかったあの遠近感が濃縮されたような奥行がぐっと感じる事が出来る写真を撮れた時は、自分の中でカチッとピースがハマったような、爽快感がありますね。

17505-1375-293119

17505-1375-293119



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告