最新パソコンの記事一覧


03/03

先日三井アウトレットパーク滋賀竜王に行った際に、Francfranc(フランフラン)でマウスパッドを購入しました。自宅ではマウスパッドを使っていなかったのですが、かなりマウスとデスクの相性が良くないようで誤操作が発生したりしていたので。

20140301-DSC01973

何と半額の500円で購入しました。元値は1,000円となっていた値札の上に貼られていました。ちょっとラッキーです(笑)。レジの直前で見つけて即購入。

20140301-DSC01971

この質感で、デザインが円形のものを探していたので、ちょうど良かったです。シリコンやプラスティック製のものは後から使っているうちに反ってきたりしたことがあり、しかも落ち着いたデザインのものが少ない(私の周りで売っているのは鮮やかなブルーやグリーンばっかり)ので、これが自分の中のイメージと一致しました。

また、職場のマウスパッドも使いすぎで、周囲から布カバーが破れ、めくれ上がってきたので自宅・職場用で2つ購入しました。色は白と黒。

20140301-DSC01969

ワンポイントでショップロゴが入っていますが、ほとんど気になりません。周囲の刺繍もしっかりしていますし、裏面も滑らないようにゴムが貼られているので、使い勝手は良いです。

20140301-DSC01976

PC系のものを雑貨屋で購入するのは久しぶりだったのですが、良いものが買えてよかったです。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





11/14

私は昔からPCのインターフェース部分(主にマウスとキーボード)はロジクール製を使っています。
ちょっと前まではワイヤレスと言えばBluetooth接続のものを使っていましたが、PCの電源投入時に「キーボードがありません」というエラーが出るのと、Windowsログイン画面に遷移した時にBluetoothサービスが起動するまでの間マウスもキーボードも使えないのがちょっと気になっていました。

Unifying接続というレシーバー1つで複数機器(最大6台)を接続するタイプに切り替えて、そのストレスは無くなったのですが、今度はデュアルモニタにしていたのがダメだったのか、Windows標準で認識してくれていたのでそのまま使っていたのが悪かったのか、数十分PCを使っているとカーソルの移動がぎこちなくなって、最悪の場合フリーズするようになってしまいました。

正確には、「カーソルのアイコンは動かないけれど、バックで動いているらしく、マウスを動かして憶測で操作は可能」な状態という、かなり不思議な状態です。
1つのUSBアダプタでキーボード・マウス・トラックパッドの3つを使っていたのですが、マウスだけBluetooth接続のものに切り替えることにしました。
交換したのは、やはりロジクールのM555bというBluetooth接続のマウスです。Unifying接続のマウスはモバイル用のLets'note CF-AX2に割り当てておきました。

20131104-DSC_0679
 D5000 + SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / マニュアルモード / 1/160 / F5.0 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

その後数日使ってみていますが、同じようなことは発生していません。

もしかすると、専用のソフトウェアを正常にインストールできていなかったことが原因だったのかも。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





07/10

リビングにはパソコンを置いていなかったのですが、やはりちょっとした検索やプリンタへ印刷を行う際にはAndroid端末である光BoxよりもWindowsパソコンの方が操作に慣れている分楽なのは確かです。
なので、私が嫁の家に転がり込んできた頃(笑)、パソコンベースの生活を送っている私の為に(?)当時購入してくれたデスクトップPCを改めてメンテナンスして設置しました。

DSC01128

かなり古いPCで、Windows XPモデルのVaio Type Hです。メモリだけ512MBから1.5GBへ増強してあります。もうすぐXPのサポート終了も間近だというのに、ブラウジングとローカルの動画データの閲覧のみの利用に制限して来年まで引っ張ろうという魂胆です(笑)。

元々付属の液晶ディスプレイにもDVI出力なので、AmazonベーシックのDVI-HDMI変換ケーブルを使って、REGZA J7へ接続しました。問題なく認識~画面表示できます。
しかし、Windows XPをこんな大画面・解像度で見る事は少ないので、ちょっと違和感がありますね(笑)。

DSC01131

まず、リビングで使う為に購入したのは、キーボードです。付属のキーボードはワイヤードなので、リビングで使う分には少しどころではなくかなり不便です(笑)。自宅内のキーボードとマウスはほとんどがロジクール製なので、できれば使い回せることも考慮して同じメーカーのものを購入しました。

Logicool® Wireless Touch Keyboard k400
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/wireless-touch-keyboard-k400r

Logicool Wireless Touch Keyboard k400r

購入したキーボードはロジクール K400rです。書斎でも使っているキーボードと同じunifyingに対応しているキーボードです。
このK400rの最大の特徴はタッチパッド搭載タイプだということ。せっかくリビングでワイヤレスで使うのに、キーボードとマウスの2つを持ってウロウロするのはちょっとやりにくいなと思って、1つで完結できるK400rにしました。

Logicool Wireless Touch Keyboard k400r

このタッチパッド部分は安価な機種ながらもマルチタッチ対応で、ピンチイン・アウトなども反応します。これは嬉しい誤算ですね。感度もそれほど悪くない感じでした。
ただ、このタッチパッドの模様?は要らなかったかな(笑)。もっとシンプルで良かったのにと思いますが…。

Logicool Wireless Touch Keyboard k400r

キーボード上段にはリビングでよく使いそうな機能が予め独立してボタン配置されています。一番左のマウスアイコンのボタンは右クリックボタンでしょうか。私の環境では反応しませんでしたが…。キーボードを両手で持ちながらでもマウス操作ができるような配置になっています。

Logicool Wireless Touch Keyboard k400r

Logicool Wireless Touch Keyboard k400r

動作は単三2本です。背面にはレシーバーを格納するスペースもあります。稼働時間の公称値は1年ということですが、リビングであればあまり使わないと思うのでもっと使えるかもしれませんね。レシーバーをUSBポートに挿す際に干渉する可能性があるので、USBのアダプタも付属しています。

使ってみた感想としては、ハードなタイピングでの文書作成や長文メールには向かないような感じですが、あのサイズ(354 x 135 x 23.8)であのキーの大きさをキープ(ピッチ 18.5mm)していたり、キーストロークも深めになっている(ストローク 2.5mm)ので、個人的には使いやすいですね。
私はPC側の電源オプション設定で、電源ボタンを押した時の動作を「シャットダウン」にしておいたので、K400rで離れたところからPCを忘れずにシャットダウンできるように設定しておきました。
HOMEボタンを押すと、ブラウザが起動するのも便利ですね。

これでテレビから離れた場所で、楽な姿勢でブラウジングが可能になりました。



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





02/06

Bluetoothキーボードから、ロジクールのUnifity対応キーボードに変更してみました。以前にロジクールのBluetoothキーボードMX5500を使っていたこともありました。
最近使っているのは、K800というモデルです。

Wireless Illuminated Keyboard K800
http://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/wireless-illuminated-keyboard-k800

Logicool Wireless Illuminated Keyboard K800

このK800、特徴的なのは「キートップが光る」イルミネーション機能が搭載されていることです。しかも充電式なので電池交換の手間も必要ありません。その代わり充電する必要はありますが(笑)。電池の公称値は10日間と記載されていましたが、使った感触では、毎日1~2時間の使用(イルミネーションは最大)で、6日もつかもたないかといった感じです。PC起動中のタイピングの密度にも左右されますが。

Logicool Wireless Illuminated Keyboard K800

充電はmicroUSB端子で行います。充電しながらの運用も可能です。電源をUSB経由で、PCとの接続はワイヤレスでとちょっと変わった状態にはなります。

Logicool Wireless Illuminated Keyboard K800

大きさは標準のデスクトップキーボードとほぼ同じです。今まで使っていたELECOM TK-FBP014と比べてみました。ELECOM TK-FBP014はカーソルキーの配置やキーの大きさが少し特殊なので、かなり省スペースのBluetoothキーボードです。

Logicool Wireless Illuminated Keyboard K800

キー配列自体は日本語キーボードですが、キートップには平仮名は印字されていません。アルファベットのみです。かな入力の人(私の周りにはほとんどいませんが)は使えないキーボードですね。

Logicool Wireless Illuminated Keyboard K800

アルファベットのみの印字の理由はこれかもしれませんね。イルミネーションでキートップとキーとキーの間がタイピングした後一定時間光ります。日本語表記や記号の表記までキートップに書かれていると、LEDで光った際にかなりゴチャゴチャして余計に視認性が低くなってしまうからかも。ですが暗くてもタイピングできるのは便利で、さほどアルファベットのみでも気になりませんね。LEDの明るさはオレンジのFNキーとF5/F6で調節できます。この輝度の調節でバッテリーの持ち具合がかなり変わりますね。部屋での通常運用であれば暗めの設定で良いかも。

Logicool Wireless Illuminated Keyboard K800

キーは「インカーブキー」という、少し丸みを帯びた、中央が少し凹んだちょっと変わった形状をしています。キータッチも独特なんですが、これがまた打ち始めて数分経つと、非常に打ちやすく、レスポンスも良くて気持ちが良くなってきます。さすがに今までキーストロークが深めのデスクトップのキーボードを使ってきた方には合わないかもしれませんが、ノートパソコンのキーボードを長く使ってきた方にはこの気持ちが伝わるかもしれません。パンタグラフ式でストロークは3.2mmです。
一昔前のデスクトップキーボードから見たら浅め、ノートパソコンキーボードから見たら深めといった印象です。「カチャカチャ」「ペチペチ」といった音よりも「コトコト」という少し落ち着いた音です。

何台かキーボードを使い分けたり交換したりして、ようやく自分が一番使いやすいというキーボードを見つけられました。2010年発売で、今ならかなり安くなってきているのでちょっとストックしておいても良いかもと思ってしまいました。
このキーを押しこむ感覚、病み付きになるくらい軽快でした。タイピングのスピードも確実に上がります。



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





05/01

パソコンがメインの仕事なのと、最近は自宅に帰ってもパソコンで情報検索していることも多くて最近目が疲れ気味です。ひどい時は肩こりと相まって頭痛になる時も…。サプリメント等も試してみようかと思ったのですが、薬を飲むことが習慣になることも怖いので、PC用のメガネを購入してみました。

JINS PC

購入したのは、JiNS PCというメガネです。

JINS PC - 機能性アイウエア | JINS - 眼鏡(メガネ・めがね)
http://www.jins-jp.com/functional/pc.html

私はコンタクトレンズですが、普段はずっと装着しているので購入したメガネには「度」は入っていません。こんな感じの透明なメガネケースに入っています。

JINS PC

JINS PC「ディスプレイが発するブルーライト」を約55%も軽減してくれるレンズ「次世代型NXTブルーライトカットレンズ」を搭載していて、目の疲れを発生させる青の光を少なくしてくれます。

レンズは少し茶色がかっていて、着けた瞬間は「少し色の印象が違うかな」と思いますが、すぐに慣れます。青みが無い分、ディスプレイの白い部分(テキストの余白やEXCELのセル)が少し暖色系に変わります。

JINS PC

鼻パットの部分は左右で一体成型になっています。ネジで固定されていないのであまり重さは感じません。

JINS PC

JINS PCフレームは同社のAirFrameを採用し、かなりグニャグニャと曲がります。

JINS PC

実際にPC画面でEXCELを使用している際にGALAXY NEXUS SC-04Dで撮影してみました。

JINS PC

レンズ内のセルが少し茶色っぽくなっているのがわかるでしょうか。これがブルーの光を軽減した結果になります。

JINS PC

一日装着して仕事をしてみましたが、この効果、結構あります。一日仕事をしていると、いつも目の奥の方に疲れを感じるのですが、それが極端に少なくなりました。長時間ディスプレイとにらめっこをしていても疲れないです。眼鏡を普段かけていない人には、鼻の部分にかかってくる負担が気になるかもしれません。ですが、「メガネ」としてはかなり軽いです。
ただ、画像関係の仕事でPCをフル活用している人には向きませんね。やはりブルーの光を軽減するため、色が違って見えてしまうので、そういう時は外した方が良いです。メールを作成、文書を作成、ファイル操作をする時等、PC上の作業で画像を扱わない時はこのJiNS PC、効果があります。

ゲーム等にも向いていると思うので、私のような長時間の狩りを必要とする下手なハンターにはかなりありがたいアイテムかも(笑)。





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告