ニコンの記事一覧


11/02


息子が退院して2日、結局付きっきりで看護していた妻にも感染、一日だけ一緒にいた私にも感染、退院後に娘にも感染と、家族全員が同じ病気になってしまうという結果になってしまいました。今は全員回復の方向に向かっていますが(笑)。

その話とは別に実はここ最近、一眼レフのカメラを手に取っていませんでした。というのも、先日の娘の運動会を見に行っていた(撮影しに行っていた)際、かなり風が強く、砂埃が待っていた場面も多かったのですが、その次の日以降、空を撮影すると、青空の中に“未確認飛行物体”が何機か確認できるようになっていました。
主に、Nikon D5300の方でしたが。一番ひどい写り方をしたのはこの写真ですかね。

2014/10/23 D5000/D5300 修理
この画像の上の方がかなりひどいです。

2014/10/23 D5000/D5300 修理
1つの原因としては、レンズを娘が一度意図せず外してしまったことがあって、その時に埃が混入したのかもしれないのですが、そこは責める要素も無いですね(笑)。
この飛行物体、ブロワーで無くなるものも多いので、恐らくは埃が乗っているだけだと推測できるのですが、さすがにキズになっているのでは?と思い出すと怖いですね。

イベント時はD5000・D5300の2台持ちで挑んでいたので、特にレンズ交換をすることもなかったですし、あまりセンサー部分は触れずに外装部分を清掃するだけにとどめていました。しかしもしかするとキズでは…と思い、時間を作って一度メーカーにチェックしてもらった方が良いだろうという判断になり、ニコンのサービスセンターに持ち込むチャンスを探っていたのですが、さすがに仕事が忙しくそのチャンスが訪れないまま1か月以上が過ぎてしまいました。
結果、ニコンのピックアップサービスを利用して郵送で対応してもらうことにしました。

修理 | ニコンイメージング
http://www.nikon-image.com/support/repair/

下は到着後の見積もり第一弾の時のスクリーンショットです。

2014/10/23 D5000/D5300 修理

D5000は購入から5年が経過しようとしているので当然保証期間外ですし、一番安価なローパスフィルターの清掃だけをお願いしました。D5300の方はもうすぐメーカーの保証期間も終わりそうなので、気になる部分を全て列挙して、対応してもらうようにしました。
結果、D5000の方は気になる部分をすべて直した場合13,900円、で今回は清掃だけなので見積もり後に電話して2,160円に変更、D5300の方は全てが無料で部品交換までしてもらえました。

代引きで昨晩届いたので、実質の修理は9日程かかったことになります。かなり大仰な梱包で届いたので最初は「間違って何か買ったかな?」とまで思ってしまいました(笑)。

2014/10/23 D5000/D5300 修理
2014/10/23 D5000/D5300 修理
こちらはD5000の納品書です。「お客様ご指定内容」には、「ゴミが写り込む」等を記載しておきました。実際にゴミを全て取り除くとなると解体作業が必要になるので、今回は行ってもらわず、ローパスフィルターを清掃してもらうだけにしました。

2014/10/23 D5000/D5300 修理
こちらはD5300の納品書です。指定内容はD5000と同じ内容を書き込んだのですが、こちらは保証期間内だったので、気になるところ、サービスセンターで見つかったところを全て直してもらいました。
結果、一番ネックとなる「スクリーン」や「プリズムボックス」を交換、外観のゴム部分は剥がしてしまうので、新しいものに交換、各種チェックとかなり大がかりな修理になってしまいました。

2014/10/23 D5000/D5300 修理
修理結果は良好。気になっていた“未確認飛行物体”のフレームインは両方とも改善されていました。良かった。
D5000の方はファインダーに写り込むのがまだ小さく1~2機ほど残っているのですが、撮影後の画像には入ってこないので、恐らくはフィルター部分ではなく別の部分に混入している可能性が高いですね。この場合ボディ全体をバラバラにする必要があるそうで、高額になってしまうとのこと。
これは臨時収入が入った時にでも再度お願いしようかなと思っています。

2014/10/23 D5000/D5300 修理
それにしてもまだまだ撮りたいので直ってよかったです。レンズ交換時はやはり細心の注意を払っておかないといけませんね。再認識しました。

一眼レフやパソコンなどの精密機器の場合、修理をメーカーにお願いする機会は家電と比べると多いのかもしれませんが、ニコンの場合送った後の対応が丁寧で助かりました。
見積もりの内容を基にきちんと専門の知識を持った方が対応されたので、思わずカメラ談義になってしまうところでしたが(笑)、結果的に気になる部分を口頭で伝えられるというのは、ユーザー側にとっては助かりますね。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





12/16

購入してから、愛用しているシグマのレンズですが、先日公式に発表された通り、Nikon D5300で使用する際には不具合があることが判明しています。D5300を購入して撮りまくりたいところでもあったのですが、下手に本体側にも影響が出ては困るので、アップデートが終わるまではD5000付属の標準レンズで我慢しながら、待つことに。

ニコン「D5300」の対応についてのご案内|株式会社シグマ
http://www.sigma-photo.co.jp/new/new_topic.php?id=595

もう使い始めてから4年が経過したNikon D5000では特に具合は無かったのですが、さすがにここまで公式発表されているので…。

シグマ レンズ アップデート
 Sony DSC-RX100 / 絞り優先モード / 1/60 / F5.0 / ISO400 / Adobe Lightroom 5

レンズの箱は後生大事(?)に残してあったりしたので、このまま元に戻す感じで箱に詰めて着払いで発送します。着払いでOKというのはメーカーの対応の懐の深さを感じますね(笑)。

シグマ レンズ アップデート
 Sony DSC-RX100 / 絞り優先モード / 1/10 / F5.0 / ISO400 / Adobe Lightroom 5

発送後、特に連絡先を記載もする必要が無かったので、メールでの通知などは無かったのですが、ちょうど1週間でレンズが返ってきました。
処置内容としては「ファームウェアの最適化と調整を行いました。」との事。D5300と、Dfの不具合は同じ内容なのか、「対応修理(D5300・Df)」と書かれていました。

20131216-DSC01803
 Sony DSC-RX100 / プレミアムオートモード / 1/100 / F2.0 / ISO125 / Adobe Lightroom 5

20131216-DSC01802
 Sony DSC-RX100 / プレミアムオートモード / 1/100 / F2.5 / ISO125 / Adobe Lightroom 5

公式ぺージでは今後販売する機種に関しては対応済みであることを示すステッカーが貼られるとの事でしたが、戻ってきたレンズの箱には貼っていなかったです。
ちなみに先週末ヨドバシカメラ マルチメディア京都に行った際にレンズを貯めさせてもらったのですが、在庫の箱にも貼られていませんでした。店に既に入荷されている在庫はそのまま販売するのでしょうか。

発送前はやはり手ブレ補正がうまく動いてくれなかったり、AFが焦点を探した結果見つからないまま終わるといった不具合だらけでしたが、戻ってきてからは快適に動作するようになりました。
特に送る前と外観が変わったところも無しです。強いて言うなら、発送前と比べるとズームリングが若干重くなって返ってきたぐらいでしょうか。
ともあれこれでD5000の時と同じ撮影環境をそのまま移行する事ができました。D5000には、単焦点のポートレイト用のレンズを装着してふとした時に撮影できるように待機させておきます。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





12/07

Nikon D5000を購入したのが2009年の11月(この頃のブログ記事はCanon IXY DIGITAL 70で写真を撮影していたみたいです)、それ以降何とか「元」が取れる位使いこなしてやろうと試行錯誤しながら4年と1ヶ月を過ごしてきたわけですが、結果今の時点で使いこなせているかは置いておいて、ここでついにデジタル一眼レフを新しく新調するという英断?暴挙?をしました。
購入したのは、後継機となるD5300です。

D5300 | ニコンイメージング
http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5300/index.htm

Nikon D5300
 D5000 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR / マニュアルモード / 1/125 / F6.3 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

購入時に最後まで迷ったのがD7100。中級機でもある7000台シリーズは、絞り環のあるレンズが使えたり、上面にサブ液晶が有ったりと、いかにもプロっぽい外観で魅力的なんですが(当然、機能や設定の柔軟さもある)、何度か店頭で触ってみても自分に使いこなせる自信が湧いてこなかったのと、D5300のWi-Fi内蔵や、D7100よりも一部性能が上回っていたり(当然見劣りする部分も多々ありますが)する点と、何よりコストパフォーマンスが良かったので、D5300を購入する事にしました。
D7100は発売後8か月が過ぎようとしていますが、まだあまり値段が落ちてこないのも起因していますが(笑)。ちなみに購入したのはボディのみです。基本的にレンズはD5000から使っているものを流用しようと思っています。

Nikon D5300
 D5000 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR / マニュアルモード / 1/125 / F6.3 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

現在のAPS-Cラインナップは5000シリーズと3000・7000シリーズですが、この5000シリーズの初代に当たるのが、私が今まで使っていたD5000がその最初の機体になります。見比べてみると5100~5200~5300と間に2機種を挟んでいるだけあって、色々外観が変更されていますね。D5300の方が外観も持った感じも小さい印象を受けます。

Nikon D5300
 Sony DSC-RX100 / 絞り優先モード / 1/80 / F8.0 / ISO400 / Adobe Lightroom 5

正面から見てみるとグリップ部分の形状と大きさが変わっている事に気付きました。D5300の方が厚みがより分厚く作られています。恐らく握る部分がD5000に比べると大きいので、持った感じの重心が変わって、小さく感じるのかもしれません。
ただ全体の高さはD5300の方が低いですね(D5000:104mm、D5300:98mm)。しかもシャッター周りのラインが丸くなっているので余計に小さく感じます。左がD5300、右がD5000です。

Nikon D5300
 Sony DSC-RX100 / 絞り優先モード / 1/125 / F8.0 / ISO400 / Adobe Lightroom 5

握ってみるとグリップが大きめなので持った重心がよりレンズ中心に近い気がします。

Nikon D5300
 D5000 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR / マニュアルモード / 1/125 / F6.3 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

基本的な操作はD5000から変わっていませんが、電源レバー部分がよりボディラインに沿った形状に変更されていたり、ライブビュー切り替えが背面ボタンではなくレバー式に変更されていたり、細かい利便性の向上が図られています。上部内蔵フラッシュ部分には、ステレオマイクが装備されました。D5000ではそこまで動画撮影が得意ではなかったので、これからは動画も気軽に撮れそうです。左がD5300、右がD5000です。

Nikon D5300
 Sony DSC-RX100 / 絞り優先モード / 1/100 / F6.3 / ISO400 / Adobe Lightroom 5

Nikon D5300
 Sony DSC-RX100 / 絞り優先モード / 1/80 / F6.3 / ISO400 / Adobe Lightroom 5

新たに動画撮影ボタンがシャッター横に出来ていますね。これは最近のデジカメと同じ仕様ですね。D5000ではOKボタンが兼任していたので、これは使いやすそうです。

Nikon D5300
 D5000 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR / マニュアルモード / 1/125 / F6.3 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

ボタンが減った分、液晶画面は大きくなりました。また、液晶画面のインターフェースも一新されました。D5000のどちらかというと数字ベースの画面だったのに比べて、D5300ではよりグラフィカルになっています。大きさはもう一目瞭然ですね(笑)。2.7インチ3.2インチへと大きくなっただけではなく、23万ドットから104万ドット(720x480)へとかなりの高解像度化です。

Nikon D5300
 Sony DSC-RX100 / 絞り優先モード / 1/125 / F8.0 / ISO400 / Adobe Lightroom 5

Nikon D5300
 Sony DSC-RX100 / 絞り優先モード / 1/30 / F5.6 / ISO400 / Adobe Lightroom 5

SDカードのスロット位置は同じでスロット数も1つのままで変更されていません。

Nikon D5300
 Sony DSC-RX100 / 絞り優先モード / 1/80 / F6.3 / ISO400 / Adobe Lightroom 5

主要ボタン周りが本体背面右側に集中したので、片手で操作するのも楽です(あくまで右利き観点ですが)。

Nikon D5300
 D5000 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR / マニュアルモード / 1/125 / F6.3 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

基本的なボタン配置は同じですが、対応アクセサリーの追加や、機能追加に伴ってボタンが増設されたりしていますね。撮影枚数切り替えボタンはD5000にはありませんでした。

Nikon D5300
 D5000 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR / マニュアルモード / 1/125 / F6.3 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

Nikon D5300
 Sony DSC-RX100 / 絞り優先モード / 1/50 / F6.3 / ISO400 / Adobe Lightroom 5

やはりこの赤いラインが無いとニコンらしくないですね(笑)。

Nikon D5300
 D5000 + AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR / マニュアルモード / 1/125 / F6.3 / ISO200 / Adobe Lightroom 5

D5000から比べると、基本的なサイズはそのままで機能追加や全体的なスペックの底上げが行われたD5300ですが、ユーザーの私にとって一番慣れないのは、「バリアングル液晶の開閉方向」だったりします(笑)。普段は閉じているのですが、いざ開けようとするとどうしても下方向に開こうとしてしまう(D5000は下向き開閉)のです。
あと、4年以上聞き続けてきたAFの合焦時の「ピピッ」という発信音の変更。もうちょっと高い音が良かったんですけどね。シャッター音もD5000に比べると軽い音に変わっています。

以前から変わった点がどうしても多いので慣れない部分があるのですが、そこは初めて一眼レフを持った時の気持ちに戻って、少しずつ慣れていこうかなと思っています。

断言しておきますが、木村拓也ファンではありません(笑)。確かにD5000もD5300も木村拓也がCMに出演していましたが…。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





10/16

もうかなり前になってしまうんですが、みんぽす様より、シグマのレンズをお借りしていました。シグマのレンズを使ってみるのは初めてです。(関係者の皆様、ご迷惑をおかけしました)

シグマAPO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSMニコン

お借りしたレンズは「APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM ニコン」というモデルです。デジタル一眼レフを持って数年経ちますが、このテの大きなレンズを使ってみるのも初めてでした。

APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM|株式会社シグマ
http://www.sigma-photo.co.jp/lens/tele/50_150_28/

このレビューは「みんぽす」の無償イベントに参加して書かれています。(詳細は末尾で)

20120819_181345


シグマAPO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSMニコンやはりこの大きなレンズは目を引きますね。まずは標準レンズ(フード付)をNikon D5000に装着した状態。

シグマAPO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSMニコンそして、この「APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM ニコン」を装着した状態。もうどっちが主役なんだかわかりません(笑)。

レンズ本体には、レンズが大きいのでスタビライザーと、横にはフォーカスの切り替え・手振れ補正のON/OFFのスイッチがあります。

20120819_181358

さすがに手持ち撮影は難しいのですが、50-150mmとそれほどズームアップできるわけでもないので、あえて手持ちで撮影してみました。撮影した日はまだ暑かったので、自宅前で遊んでいる娘を。

シグマAPO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSMニコン
Nikon D5000 + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM で撮影

単純にほぼオートで撮影したのですが、この解像感、さすがにシグマといった印象。シャープでくっきりです。ちょっとマニュアル操作で何枚か撮影してみました。F値2.8という明るさはやはり良いですね。

シグマAPO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSMニコン
Nikon D5000 + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM で撮影

シグマAPO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSMニコン
Nikon D5000 + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM で撮影

下は上の画像を等倍で部分的にアップしてみたところ。ここまで細かく写ってくれるとは。本当に驚きです。

シグマAPO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSMニコン
Nikon D5000 + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM で撮影

フットワークはレンズが大きいのでその分悪くなりますが、それを差し引いてもすごくよく写ります。自分のウデの悪さがごまかせるくらい(笑)。下は自宅の屋根から撮ってみた月です。

シグマAPO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSMニコン
Nikon D5000 + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM で撮影

ズーム倍率は3倍。素人目線でこのレンズを持っていると「すごく何十倍もズームできそう」と見えるようなのですが(笑)。ズームリングはかなり幅が広くて、ファインダーを覗きながらでも簡単に回せます。

シグマAPO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSMニコン
Nikon D5000 + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM で撮影

シグマAPO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSMニコン
Nikon D5000 + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM で撮影

三脚必須のこのレンズ「APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM ニコン」ですが、この解像感はものすごく魅力を感じました。夏の山登りに持って行った時はさすがに後悔の念が少しあったくらいの重さと大きさでしたが、この解像感は捨てきれません。下はその後悔の山登りである、京都・大文字山に登った時に撮影したものです。

2012/08/16 京都五山送り火
Nikon D5000 + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM で撮影

2012/08/16 京都五山送り火
Nikon D5000 + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM で撮影

2012/08/16 京都五山送り火
Nikon D5000 + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM で撮影

2012/08/16 京都五山送り火
Nikon D5000 + SIGMA APO 50-150mm F2.8 EX DC OS HSM で撮影

シグマのレンズ特有のシャープな解像感は個人的には好きです。この明るさとシャープさ、この倍率と、良く使う距離なので、重いながらもブンブン振り回して撮影してました(笑)。9枚羽根の円形絞りも綺麗にボケてくれるので、良い感じです。ただ、惜しいのはこの大きさだけ…。自分のポイントを定めて撮るときはこれ以上のレンズは無いんじゃないかと素人ながらに思ってしまいました。

16209-1375-291049

16209-1375-291049



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





07/03

先日行った京都市動物園では、ほとんどカシオ EX-ZR300で撮影していたのですが、バッグに忍ばせていた、Nikon D5000 + AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gでも、何枚か撮影していました。最近はD5000にはもうこのレンズを装着したままです。

京都市動物園
http://www5.city.kyoto.jp/zoo/

D5000 | ニコンイメージング
http://www.nikon-image.com/products/camera/slr/digital/d5000/

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G | ニコンイメージング
http://www.nikon-image.com/products/lens/af/dx/singlefocal/af-s_dx_35mmf18g.htm

2012/06/24 京都市動物園

2012/06/24 京都市動物園EX-ZR300の手軽さは、やはりD5000と比べるとかなり便利で、ちょこちょこと歩き回る娘を追いかけながらの撮影には、EX-ZR300の方が断然有利です。ですが、やはりデジタル一眼レフならではのフレキシブルなマニュアル撮影は良いですね。

2012/06/24 京都市動物園

京都市動物園内で撮影したものですが、いくつか。ですが、改めて見返してみると、動物をほとんど撮っていないことに気づきました(笑)。

2012/06/24 京都市動物園

2012/06/24 京都市動物園

2012/06/24 京都市動物園今回のレンズは1本だけ、しかもAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gはズーム機能が無いので、あまり動物に寄って撮れなかった事も原因の1つかもしれません。

その点、EX-ZR300はかなりズームアップして撮影できますし(何と、光学ズーム12.5倍・シングル超解像ズーム併用時18.8倍・マルチ超解像ズーム併用時25倍という凄いズームでしかも手ブレしにくい)、コンパクトですから手軽に使えました。

2012/06/24 京都市動物園

さすがに娘と二人で出かけていたので、「撮り比べ」をする暇も無かったのですが、上に載せているペンギンをほぼ同じアングルでEX-ZR300の最大広角から撮ってみたらこうなります。

EX-ZR300 - デジタルカメラ - CASIO
http://casio.jp/dc/products/ex_zr300/

2012/06/24 京都市動物園

少しEX-ZR300でズームアップして撮影。娘を気にしながら、手持ち撮影でかなり手元が揺れていたと思うのですが(この時実は娘が私を引っ張っていた笑)、意外に綺麗に撮れていました。ですが、やはりF値が3.0~5.9の間なので、ボケ具合は最大F値1.8のAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gが良い感じに被写体が際立つ感じです。どちらが良いかは好みの問題もあるかと。EX-ZR300でも「背景ぼかし」モードで撮影すると、AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gと同じような効果が得られますが、被写体に近づく必要があるのと、被写体の後ろに距離が無いとうまく処理されないので、いつでも使えるわけではありません。
しかし、この処理も前モデルに比べると、比較できないほど良くなっている感じがしました。

2012/06/24 京都市動物園

デジタル一眼レフと、コンパクトデジタルカメラの二刀流は、うまく用途を分けて使うと良い結果が出るものなんですね。改めて実感しました(笑)。使い分けている中で、EX-ZR300が持っているスペックがD5000の足りない部分(私が使いこなせていない部分とも言う笑)をうまく補ってくれているような感じでした。下はNikon D5000 + AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gで撮影。

2012/06/24 京都市動物園

EX-ZR300に比べるとスペック的には劣るのですが、未だにEX-ZR10を使い続けているので、これからはうまく使い分けてみたいと思います。

この記事はカシオ計算機株式会社が行うブログレビュー企画に参加して書いています。

本企画への参加及び記事掲載は無報酬です。また、この文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。(本情報開示と事実誤認時の修正を除く)

16458-1375-279912



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post







トップへ | 

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告