デジタル一眼レフの記事一覧


11/06

昨日の11/5は171年ぶりとなる名ミラクルムーン」だったらしく、ちょっとだけ撮影してみました。今年は、旧暦にあてると9に「うるう」が入る為(4年に一度の229日の版のようなものです)、11/5は「うるう913日」でした。
13日は十三夜の月が見れる日で、旧暦での8月15日と9月13日、そして昨日のうるう9月13日と3回の名月が見れる年だったのです。この3回見れるタイミングは非常に珍しいらしく、前回は江戸時代だったとの事。

11月5日は「171年ぶりの名月」 台風20号に邪魔されずに楽しそう? - ライブドアニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/9430526/

その前日、11/4の京都の夜はかなり晴れ渡っていて、手持ちで撮影しても手ブレも少なくアップにトリミングしても綺麗に見えました。下は撮影したものをトリミング・拡大したものです。まだこの日は丸くは見えないですね。上部分が欠けたように見えます。

2014/11/4 Moon @Kyoto @Japan
その翌日、ミラクルムーン本番の11/5ですが、仕事帰りに夜空を見上げると照明が付いているような明るさ。ウロコ雲に隠れながらも綺麗な月を見る事ができました。
普段から仕事用のトートバッグにも忍ばせている、SONY DSC-RX100の手持ち夜景モードで撮影。あ、途中の電柱に手で固定しながら撮影していました。

2014/11/5 Moon @Kyoto @Japan
その後、自宅に帰ってきて、ごそごそとNikon D5300を引っ張り出してきて2階のベランダから撮影しようとすると、生憎先程のウロコ雲の後に続いて来た、大きな雲に隠れてしまっていました。

2014/11/5 Moon @Kyoto @Japan
そこまで撮影の時間を確保するつもりも無かったので、数分だけ粘って撮影してみました。

2014/11/5 Moon @Kyoto @Japan
2014/11/5 Moon @Kyoto @Japan
ミラクルムーンは季節の行事の事で正しくは「十三夜」ですし、スーパームーンのように比較対象があって、何か視覚的に大きくいつもの月と違うという訳ではないのですが、少しパワーをもらえた気がしますね。
風流とは程遠い感じでしたが(笑)。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





06/19

メインのデジタル一眼レフをNikon D5300にリプレイスしてから早半年が過ぎようとしていますが、ようやく思った瞬間に設定を変更できるようにボタン配置や操作に慣れてきました。半年もかかったのは写真を撮るという時間がなかなか取れないせいなのですが…。

今回は三脚を使って同じ場所から撮影してみて、今までのNikon D5000と、Nikon D5300がどれくらい違いがあるのかを試してみました。
ただし、素人目線からの比較なので、あまり参考にならないかもしれませんのでご了承下さい(笑)。まずはD5000とD5300をこんな感じで設置してみました。

20140426-DSC02047
カメラの間にはエツミ製のアクセサリシューに取り付けるアダプタを使用しました。

20140426-DSC02049
まずは、手持ちでSONY DSC-RX100で撮影してみました。アングル的には同じですが、画角をなるべく同じにしたかったのでRX100にはワイドコンバージョンレンズを装着しています。

RX100 F1.8 1/8 ISO125
まずは、Nikon D5000で撮影してみました。レンズは両方ともSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / DC MACRO HSMです。比較したかったので、こまめにD5300でも同じレンズを使っています。
また、撮影はリモートでタイマー撮影です。画像形式はRAW画像撮影で、Adobe Lightroom 5.4を使って補正無しのJPEG出力をリサイズ無しで行っています。

D5000 マニュアル F22 5.0 ISO200
全体的に青というか紺に引っ張られている感じがします。同じ設定でNikon D5300で撮影してみました。

D5300 マニュアル F22 5.0 ISO125
こちらの方がより見た感じに近い色合いが出ている気がします。2枚ともホワイトバランスはオートなのですが、ここまで解釈が変わってくるのですね。
画角内の中央下部に写っている軽トラック周辺を画像拡大してみました。
まずはNikon D5000です。

D5000 マニュアル F22 5.0 ISO200 拡大
次にNikon D5300です。

D5300 マニュアル F22 5.0 ISO125 拡大
D5000の方は画像の解像度がD5300に比べると小さいのでどうしてもディティール部分が負けてしまいますね。
(D5000…4288x2848、D5300…6000x4000)

上の画像は日が沈んだ時間帯だったので、どうしても暗くてお互いをマニュアル撮影していました。結果、ISO感度が違っています。D5000ではISO感度の幅がどうしても狭いせいで、ISO200までしか下げる事が出来ませんでした。
次は紫陽花の蕾を晴れた昼間に撮影してみました。設定は2台ともオートです。
まずはNikon D5000です。

D5000 オート F5.0 1/3200 ISO200
次にNikon D5300です。

D5300 オート F5.6 1/1250 ISO160
同じ画角で収めたつもりだったんですが、ちょっと位置がずれてしまいました(笑)。D5300の方がISO感度を低めに、シャッタースピードも1/1250とD5000の2倍以上遅い設定で撮影されています。
蕾の部分を拡大してみました。D5000。

D5000 オート F5.0 1/3200 ISO200 拡大
D5000では全体的にぼんやりというか、輪郭がハッキリしていない感じですね。次にD5300です。

D5300 オート F5.6 1/1250 ISO160 拡大
D5300の解像度はさすがという感じでしょうか。センサー自体が大きく見直されているからだと思います。センサーのサイズ自体は23.6×15.8 mmのCMOSセンサーとD5000とD5300はほぼ同じですが(D5300は15.6mmと0.2mm違い)、有効画素数が1230万画素から2416万画素に大幅にアップしています。
また、D5300では光学ローパスフィルターレス仕様が採用されていることも大きいですね。

下の写真は手持ち撮影で、実は撮影したのは昨年の12月で17:30頃、かなり暗かったので、ダイヤルを「SCENE」に回して、夜景ポートレートモードで撮影したものです。
しかもこの時、娘が横に一緒に歩いていて、立ち止まったのもほんの数秒のみ。寒かったので手持ちが震えていました(笑)。

Nikon D5300 テストショット
この単純に全体的に機能がブラッシュアップされたことから生まれる画質の向上は私のような「にわかカメラマン」には嬉しい限りです(笑)。
こうやって拡大して見てみるまでは気付かなかったのですが、ここまで細部の再現度が違うと、D5000がお蔵入りになるのも近いのかも…。まだ自分の中での使いやすさはD5000が圧勝しているのですが(笑)。やっぱり撮る頻度が圧倒的に少ないということでしょうか。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





03/26

昨年12月に購入し、忙しい中でも持ち出すのはこのNikon D5300ですが、D5000との外観比較以外、これと言って記事を書いた事も無かったことに今更ながら気付き、何か書いておこうかなと(笑)。

Nikon D5300

5系シリーズの場合、上面に液晶が無いので(7系シリーズはモノクロ液晶があって、そこから設定内容が簡単に確認できます)、背面液晶で確認するしかないのですが、画面インチが大きくなって、さらにグラフィカルな表示方法に変わったので、一目で見やすくなっています。

D5000の液晶画面では、シャッタースピードと絞りが一緒に表示され、視認しにくかったり、ISO感度は右横の小さな表示でしか確認できなかったのですが、D5300では3つが個別のアイコン表示で大きく表示されているので非常に見やすいです。

あとは持った感覚です。元々D5000を4年以上も使っていたので、小さくなったという印象以外は余り感じません(笑)。グリップ部分が小さくなったので、多少ホールド感は悪くなった気がしますが、これは慣れの問題だと思います。

私の場合、マニュアルモードで撮影する事にD5000時代に慣れてしまっていたせいか、D5300でもほとんどがマニュアルモードです。撮影に素早さを求められるシチュエーションの場合は、PモードやSモードにしますが。
マニュアルで撮影するからといって、良い写真を撮る人ばかりではないという、悪い見本が私だと思います(笑)。

マニュアルモードの場合、絞りはシャッターボタン横にある「+/-」ボタンを押しながらダイヤルで変更できますが、これの使い勝手はD5000時代から変わっていません。思った瞬間に絞り数値を変更する事が出来ます。
ダイヤルモードだけを回すと、シャッタースピードの変更になります。この組み合わせで大抵の撮影は出来ますね。

Nikon D5300

この2つのダイヤル操作の他に、私が個人的に「これは慣れておく必要があるな」と感じたのは、新規に配置されたボタンとの組み合わせです。
今までD5000時代、ISO感度の変更は「 info(又は i )」ボタンを押して、画面内のISO設定箇所までカーソルで移動して変更…という非常に手順が多いやり方でした。
これがこのボタンを押しながらダイヤルを回すことで、簡単にISO感度を変更できるようになっています。これ、子供を室内で撮影する時に重宝します。
(もしかしてD5000にも同様の割り当てがされていたのかもと思って説明書PDFを読んでしまいました(笑))

また、ISO感度と同じように、撮影枚数のボタンも本体に新規で作られているので、急に連写したい時や、セルフタイマー撮影等の設定変更も簡単にできるようになっていました。
この辺りは5系・3系シリーズの中でも上手くブラッシュアップされていると思います。

Nikon D5300

画質に関しても色々と比べてみたいのですが、今回はボディのみの購入でしたのでD5300付属の標準レンズが無い状態での比較はあまり意味を為さない気がします(笑)。D5000のダブルズームキットで付属していた標準レンズで比較でもしてみようかなとは思いますが。

20140302-183216

比較、苦手なんですよね(笑)。作例とかっていう上手い写真を撮れるほどの撮影スキルも無いので…。
まだ使っていない便利機能やD5000から乗り換えて変わったことなどもあるので、そこを書いていきたいと思います。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





07/20

非常に久しぶりに何かブログで紹介できるモノを購入したような気がします(笑)。最近、単焦点レンズを購入したこともあって、Nikon D5000をかなり使っているのですが、子供と一緒に行動することもあってか、レンズがかなり汚れたり、娘が触ってしまってレンズに指紋が付いてしまったりしています。

レンズ用のクリーナーも何かで買った時に付いていたのですが、やはり液体を垂らして拭く手間は外出先ではなかなか出来ません。で、購入したのが、HAKUBA レンズペン デジクリア メタリックグレー ヘッドスペア付 KMC-LP3M です。

レンズペン デジクリア
http://www.hakubaphoto.jp/products/detail/0108080003-5T-00-00

HAKUBA レンズペン デジクリア メタリックグレー ヘッドスペア付 KMC-LP3M

気軽に持ち運べて、バッグからさっと取り出してすぐにレンズを拭くことができるので便利ですね。片方にはスライド式のプラシが内蔵されています。まずはこちらで大きなゴミを払い落とします。

HAKUBA レンズペン デジクリア メタリックグレー ヘッドスペア付 KMC-LP3M

反対側のキャップを外すと、メインのクリーナー部分があります。三角形の形をしていて、レンズを磨きやすくなっています。

HAKUBA レンズペン デジクリア メタリックグレー ヘッドスペア付 KMC-LP3M

クリーニング面に付着しているコンパウンドはキャップ内に溜まっていて、使った後にキャップでフタをしておくことで補充されます。
こんな感じでレンズをクリーニングします。初回使用時は少し振って、コンパウンドの粉をクリーナーに少し付けておいた方が良いかもしれません。

HAKUBA レンズペン デジクリア メタリックグレー ヘッドスペア付 KMC-LP3M

クリーナー部分は交換用のスペアが付属していました。このスペア用のキャップ部分にもコンパウンドが入っているようです。

HAKUBA レンズペン デジクリア メタリックグレー ヘッドスペア付 KMC-LP3M

使ってみて、やはり指紋はすぐに取れました。ペンタイプなので、使いやすいですね。ブロアーで吹き飛ばない埃も、ブラシ部分で払い落とせますし使いやすいです。補充用のコンパウンドの粉は別売りはしていないようなので、ペン自体は使い捨てになってしまうのが残念ですが。カメラを使っていくにあたって、こういったメンテ系のアクセサリーも結構重要なのだと再認識。

軽くペンで掃除するだけで指紋も汚れも取れるので、出かける時は必須アイテムになりそうです。



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post


07/11

Amazonのクーポンをいただいたので、それを使ってマンフロットのカメラバッグを購入しました。デジタル一眼レフを持ち歩く際の最近のお気に入りはずっとAmazonベーシックのスリングバッグだったのですが、娘と一緒に出掛ける際にはやはりカメラ以外も持ち歩かないといけませんし、スリングバッグでは荷物が入りきらないこともしばしばありました。バッグが複数になると、一気に動きにくくなってしまいます。

ウニカ・メッセンジャーバッグ 5型/黒 MB SM390-5BB - Stile | Manfrotto
http://www.manfrotto.jp/unica-v-messenger-black-MBSM390-5BB

Manfrotto ウニカ・メッセンジャーバッグ 5型/黒MB SM390-5BB

今回購入したバッグのサイズは「5型」です。他にも用途に合わせた「3型」や、「7型」など色々リリースされています。

Manfrotto ウニカ・メッセンジャーバッグ 5型/黒MB SM390-5BB

実はカメラ専用のバッグで大きいものを買うのはこれが初めてです。今まではソフトケースに入れて普通のカバンに忍ばせたりしていたのですが、やはり衝撃に弱いので、いつもカバンを持つときには気を使っていました。

Manfrotto ウニカ・メッセンジャーバッグ 5型/黒MB SM390-5BBこのバッグの特徴として、カメラをすぐに取り出せるようにバッグの上部にバッグの幅と同じ幅のファスナーがあり、中にすぐにアクセスできるようになっています。

Manfrotto ウニカ・メッセンジャーバッグ 5型/黒MB SM390-5BB

Manfrotto ウニカ・メッセンジャーバッグ 5型/黒MB SM390-5BB中はカメラ専用ということもあって、マジックテープタイプの仕切りがあり、一眼レフや、ミラーレスのサイズに合わせて変更することができます。クッションもしっかりしているので、衝撃に対しても強そうです。

私の場合はメインで持ち歩くのはAndroidタブレットですが、13インチサイズのMBAぐらいなら入るようになっています。ここにもクッション構造があり、安心して入れることができます。私はEeePad Slider SL101なので、少し分厚めですが、それでもスルッと入ってくれました。タブレットのサイズがまだ小さいからかもしれませんが。
実際の内寸法はメーカーのサイトを確認された方がよいかとおもいます。

Manfrotto ウニカ・メッセンジャーバッグ 5型/黒MB SM390-5BB

下部には別構造になっている部分があり、三脚などを収納できるようなスペースがあります。私は三脚はあまり持ち歩かないので、何かケーブルを収納するスペースになりそうです。

Manfrotto ウニカ・メッセンジャーバッグ 5型/黒MB SM390-5BB

Manfrotto ウニカ・メッセンジャーバッグ 5型/黒MB SM390-5BB前面には、小物を収納するスペースもあり、ケーブルやマンフロットのPOCKET三脚シリーズを入れておけるようになっています。端の方にはiPhoneぐらいのサイズのスマートフォンなら入る大きさのポケットになっています。
実はこの中央のポケットに入っていた台紙にはこのPOCKET三脚が描かれていました(笑)。まさに専用とも言える「POCKET三脚用のポケット」(笑)。

Manfrotto ウニカ・メッセンジャーバッグ 5型/黒MB SM390-5BB

結果としてこの大きさのカメラバッグには非常に満足しています。容量的にはAmazonベーシック 一眼レフカメラ用スリングバッグとさほど変わらないのですが、ノートパソコンやタブレットがすっぽり入るこのサイズは便利ですね。
私は、Nikon D5000と、CASIO EX-ZR10と、POCKET三脚 L/M、ASUS EeePad Slider SL101を入れて、さらにまだスペースが余りました。交換用レンズも何本か持ち運べそうです。ただ、レンズを保護してくれる仕切りは無いので、別途レンズケースに入れておく方が安心かもしれませんね。

Manfrotto ウニカ・メッセンジャーバッグ 5型/黒MB SM390-5BB

上部にあるファスナー開口部が便利すぎて、使っている間ほとんど触ることがなかったバックル部分。マンフロットのロゴがあしらわれていて、意外にもここが一番重量を感じる部分です(笑)。

サイズ的には少し大きめのショルダーバッグぐらいなのですが、カメラ用ということもあって、必要最低限の厚みがキープされていて、かなりの存在感があります。ですが、出かけるたびに色々持ち歩く私のようなブロガーにとってはまさに救世主的なバッグになりました。先日のAmazonベーシック 一眼レフカメラ用スリングバッグとツートップでかなり活躍してくれそうです。
気になるのは防水性と、底面に何もゴム足のようなものが無いので外出先で置く場所に気を使うことぐらいでしょうか。後はおおむね満足です。
あと、他の専用バッグと比べてかなりリーズナブルなお値段になっているところも購入した決め手でした。





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





トップへ | 

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告