イルミネーションの記事一覧


11/24

11/22の「良い夫婦」の日は生憎の休日出勤でしたが、夜に家族で京都駅まで繰り出してきました。目的は娘が大好きなイルミネーションを見るためです。

20141122-DSC02834
しかし、急に決まった為、愛用のNikon D5300は持ってきていませんでした。カバンの中にはいつもSONY DSC-RX100が忍ばせてあったのでこれでどこまで撮れるかトライ。
「どこまで使いこなせているか」という意味で読み換えてもらっても良いかもしれませんが(笑)。
普段、コンパクトデジタルカメラって、モードをデジタル一眼レフのように色々変えて撮ったりしないので、こういう急なシチュエーションでどこまでその機能を把握して使いこなせているかが重要なファクターになってきたりするのです。
「せっかく買ったのに、機能を全部使ってないなんて、損してるやん」という関西人的な考え方なのかも。
まずは、家族と待ち合わせている間に京都タワーを。

20141122-DSC02799
京都駅の大階段中央に大きなクリスマスツリーがありました。どうやら所定の場所からARアプリを使うと、サンタクロースが液晶越しに見えるとか。乳児・幼児を連れてのレビューは難しそうだったのでパスしました。

20141122-DSC02805
違う角度からもRX100でトライ。そのほとんどはマニュアルモードにしたり、シーンモードで「手持ち夜景」に切り替えたり。マンフロットのPOCKET三脚Sを装着していたので、長時間露光でも比較的手ブレ少なく撮れました。

20141122-DSC02820
見返してみると、ツリーもタワーもそれ自体が縦に長いのでほとんど縦向きで撮影していました(笑)。
大階段から中央改札口を挟んで反対側でもイルミネーションが見えたので、下に降りることなく連絡通路を渡って移動。

20141122-DSC02832
これも縦向き撮影でした(笑)。
息子は初めてのイルミネーションだったので、少し怪訝そうな顔をしながらも興味深々でした。

20141122-DSC02831
反対側から見た大階段のツリー。実はこのツリーの後ろにある大階段にもイルミネーションが施してあって、こちらはアニメーションで動いてました。画像は少しだけLightroom 5.7でRAW現像する際に露光や明瞭度を変更しただけです。

20141122-DSC02828
こちらは大階段側へ戻る際、上の連絡通路を通っている途中で撮影した京都タワー。待ち合わせの時の見上げるタイプではなく、ほぼ同じ目線なのが新鮮ですね。

20141122-DSC02840
今回、家族でのイベントにでかける際初めてコンパクトデジタルカメラのみで挑むという(というか予定していなかった)ことになりましたが、機能を使いこなそうとすると意外とDSC-RX100だけでも撮れるかなという印象でした。もしかすると最新の三代目の方がこういった撮影には向いているのかもしれませんが、まだまだ搭載されている機能を使いこなせていないのでそれはまだ先かな。
今回の撮影のコツはやはり「カメラの固定」です。シーンモードでもマニュアルでもどうしても昼間の撮影に比べると謝ったスピードが自動・もしくは手動で長くせざるを得ません。結果ブレやすくなるので、壁や手すり等にカメラをどう固定するかでかなり変わってきます。私はPOCKET三脚Sで壁に固定したりしていました。後、出来ることならタイマー撮影が良いですね。シャッターを押す動作でブレたりしますし。

最近のデジタルカメラは性能が良いのでほとんどオートモードでOKみたいなところがありますが、自分のカメラがどのような機能を持っているかを知っているだけで撮影の幅と仕上がりが変わることを実感した良い夫婦の日でした(笑)。






02/03

先週は、結婚記念日でした。私個人的には、結婚記念日は「よくここまで付いてきてくれたな」と感謝する日でして(あくまで心の中でですが(笑))、色々と毎年イベントをしているわけですが、今年は妻のお腹が大きいこともあって、遠出は避けて、ストレス発散も兼ねてショッピングに。
ショッピングと言っても、近くのモールではなくジャズドリーム長島へ行ってきました。買い物時間は2時間程度でしたが(笑)。

20140131-142124

その後、イルミネーションが大好きな娘の為に(若干私個人の為に)、なばなの里へ。なばなの里の入村券は伊勢湾自動車道の湾岸長島PA出先に購入しておくとチケット購入に並ばなくても良いと先に妻が調べていたので、ショッピング前に購入しておきました。
ただし、これには注意点があって、この湾岸長島PAには高速道路側からしか立ち寄ることができません。PAに寄ってから出口には行けるのですが、一般道からは入れないので買い忘れないように注意が必要です。

なばなの里オフィシャルサイトTOP
http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html/

ショッピング後になばなの里へ立ち寄ったので、点灯の瞬間には立ち会えませんでしたが、キレイなイルミネーションが見れました。しかし、急いで出発したので、カメラの機材の準備や、カメラと体の防寒具も持たずに来てしまい、撮影は惨敗でした(笑)。
入口付近、入村前からイルミネーションがたくさんあって、期待させてくれます。露出を上げてブラケット撮影してみたのですが、露出プラス時の撮影が面白く撮れていました。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

入村すると、ほぼすべての通路や木々にはイルミネーションが施されていて、まずは目で癒されました。ただ、かなり寒かったのですが(笑)。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

まず目の前に広がったのは、「光の雲海」です。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

夜であることを忘れる位明るかったのですが、非常に優しい光に包まれていて癒されました。光のゲートを娘は感激して何度も何度もくぐっては走り回っていました。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

里内中央の池も全てがライトアップされていて、実に幻想的な空間でした。地元・長島を流れる木曽三川を表現しているとの事でした。マジックアワーの時間帯に来てみたいですね。チャペルへ続く道のようになっていて、娘はその上を歩こうと橋から飛び降りようとして大変でした(笑)。水面が静かで鏡のようになっていたので見間違えたのかも。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

続いては、「光の回廊」です。手前で案内パンフレットを見て、「多分、京の七夕と同程度だろう」なんてタカをくくっていたのですが、良い意味で裏切られてしまいました。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

トンネル内を見渡す限り、隙間が無いんじゃないかと思ってしまう位のLEDの数です。これには娘もご満悦でした。でも、ここまで来るとさすがに寒いのか、少し顔は強張っていました(笑)。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

トンネルを抜けると、今年のメインイベントである「ウインターイルミネーション 冬華の競演」の「富士山」を象ったイルミネーションが顔を出しました。しかもちょうど「ダイヤモンド富士」です。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

この壮大さと綺麗さには驚いてしまいました。広角レンズを持ってくれば良かったと思わせるほどのスケールでした。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

下に写っている人影と比べると、その大きさがわかると思います。この時の富士山は「秋」を表現していました。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

よくありがちな「富士山の『形』をした、平面(2次元)の富士山ではなく、きちん(?)と傾斜の付いた、3Dのイルミネーションなので迫力と存在感があります。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

また、盛り上げてくれるBGMと一緒に富士山の色々な顔をイルミネーションで再現してくれました。こちらは有名な「ダイヤモンド富士」です。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

春を表現した「桜と富士」。虹がかかっているのがわかりますかね?この虹、ほんの数秒間のものなので、見逃してしまう人も多いと思います。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

三保の松原という富士山が綺麗に見える場所として有名な場所から富士山を望んだ景色を表現。ちょっとジブリのナウシカの1シーンを思い出しました。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

他にも色々なイルミネーションで癒してくれました。ずっと眺めていたくなりますよ、寒くなければ(笑)。
そのまま順路を歩いていくと、もみじが紅葉したような、秋色のLEDのトンネルでした。ちょうど、先の「光の回廊」と並行して戻るところですね。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

後は、戻ってくる形になるので、順路を辿って戻ります。2,000円の入村券には、1,000円分の食事券が含まれていていくつかある食事処で使う事が出来ます。今回はイタリアンレストランで食事をしてから京都へ帰宅しました。

京都で見たことのあるイルミネーションと何かが違うと感じていたのですが、それはLED。どこかで見たことのあるイルミネーションは全ていわば「裸電球」のようなものでしたが、なばなの里のLEDは全て花のモチーフで作られていました。これが優しい光になるのかも。

なばなの里 イルミネーション 2014/01/31

今回痛感したのは、防寒具を忘れた事です。いくらイルミネーションで癒されるとは言っても寒さが無くなるわけではないので、ただ鑑賞するにしても、撮影するにしても防寒具は必須でした。
後、かなり風が強いので(海に近いので)、ブレない三脚があった方が良いかもしれません。私はマンフロットのCOMPACT三脚フォト-ムービーキット MKC3-H02しか持って行かなかったので(というか、それしか持っていません(笑))、設置した場所によっては三脚 + セルフタイマー撮影だったのに、拡大して見るとブレブレでした。
あと、今回はそこまで混雑していなかったので三脚を使った撮影ができましたが、これだけのイルミネーションなので週末かなり混雑する場合もあります。

なばなの里 Q&A
http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/qa.html/

三脚の利用は混雑時は禁止されていますので、ご注意を。




FC2ブログランキング





にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





02/07

先週、結婚記念日とリフレッシュを兼ねて、家族で南紀白浜へ行ってきました。急な予定だったので、とりあえず宿泊するホテルの予約は取れたのですが、ホテルの温泉とグレードよりも私個人としては翌日の南紀白浜アドベンチャーワールドにゆっくり行きたいのが目的です(笑)。

20130201_151239車でゆっくりを出発して午後に南紀白浜に到着。何も予定していなかったので、ホテルすぐそばの海中展望台なる物に行ってみました。娘がご案内してくれます(笑)。

20130201_140854

20130201_141549入場料を払って、展望台へと海を渡ります。

20130201_142014中央の暗い螺旋階段を高さ16mから降りていくと…

どんどん暗くなっていきます。ブルーの蛍光灯が雰囲気ありますね。

20130201_142148

海の中が見れる窓が周囲に開いている海の底に到着しました。結構たくさんの魚がいて、ちょっと意外でした。

20130201_142213

フグやヘラなんかもいたり、ゆったりと泳ぐミノカサゴも見れました。所々に海底から上がってくる泡は、温泉の気泡らしいです。

20130201_142351

何故、こんなに魚が集まってくるのかというと、最初は疑問に思っていた展望台頂上のオジサンが原因(?)でした。展望台の柵から吊るしてある袋の中に魚のエサが入っていて、エサが入った袋が投げ込まれると、魚が寄ってくるという仕組み。

20130201_142919

展望台の中に設置されたテレビ望遠鏡。「100円入れてガチャンとシャッターが開いて…」なんて望遠鏡はもう無いんですかね。操縦桿のような左右の持ち手のボタンを押すことでズームアップ/ダウンができるようです。

20130201_144707

あまりこういった場所には来たことがなかったので、珍しくじっと景色を眺めていました。

20130201_144837

夕食まで時間がまた余っていたので、一カ所だけ外湯巡りに。行ってきたのは「むさし」というホテルの温泉に行ってきました。大浴場が1階・2階の二カ所、露天もあり、ボリュームたっぷりのお風呂でした。少しの時間でしたが、かなり体があったまりました。

宿に戻る途中の白良浜ではイルミネーションが開催されていたので、ちょっと寄り道。サラサラの真っ白な砂の中に星座を象ったイルミネーションが配置されてキレイでした。

白良浜イルミネーションイベント「白砂のプロムナード」 | 白浜観光協会公式サイト | 南紀白浜観光ガイド | 海と温泉のリゾート
http://www.nanki-shirahama.com/event/detail.php?log=1332729947

20130201_175129

20130201_180506

20130201_175440

20130201_174704

20130201_175241

初日のメインイベントは食事です(笑)。記念日ということもあり、まずはビールで乾杯です(笑)。久しぶりの瓶ビールは美味しいですね。

20130201_183027

今年からは乾杯に娘も加わってくれました。

20130201_183120

伊勢海老や…

20130201_182758

お肉、名産のクエもいただきました。ゆったりと家族三人だけで部屋食は時間を忘れて食べることができました。

20130201_182724

20130201_185411

娘も浴衣に着替えて、今度は宿の温泉も満喫して、この日は就寝しました。

20130201_193849

翌日は朝から動物と触れ合うので、体力を温存しておかないと(笑)。



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





10/15

先日行ってきた、「やましな駅前陶灯路」ですが、先日衝動買い(?)したオリンパスのE-PM1でも色々撮影したりしてみました。

京都山科観光 やましな駅前陶灯路-おこしやす“やましな”協議会
http://www.okoshiyasu-yamashina.org/ekimaetoutou24.htm

やはり数年間使ってきたNikon D5000と違い、初めてのミラーレス、(E-PM1で)初めての夜間撮影ということもあって、残念な結果に(笑)。

第5回 やましな駅前陶灯路
OLYMPUS PEN mini E-PM1で撮影

夜間の撮影の場合、昼間と違ってやはり機能と操作を把握できていないことにかなり左右されてしまいますね。SCNモードの「キャンドル撮影」モードで撮影してみたのですが、やはり少し赤っぽい画像になってしまいました。時間も無かったので、やはり事前のチェックは重要だったと痛感(笑)。

第5回 やましな駅前陶灯路
OLYMPUS PEN mini E-PM1で撮影

第5回 やましな駅前陶灯路
OLYMPUS PEN mini E-PM1で撮影

ただ、デジタル一眼レフ + 三脚との組み合わせとは違い、フットワークが軽いのは良いですね。ふとした時にさっと撮ることができます。ミラーレスの手軽さは実感できました。RAW撮影もできるみたいなので、うまく使いこなしてRAW現像との組み合わせて撮影のクオリティをアップできればいいのですが。

第5回 やましな駅前陶灯路
OLYMPUS PEN mini E-PM1で撮影

メイン会場の公園では、ステージが設けられオカリナ演奏や、ジャズ演奏で癒しの空間を音でも楽しめるようになっていました。

第5回 やましな駅前陶灯路
OLYMPUS PEN mini E-PM1で撮影

今回撮影に行ったイベントは綺麗ではあったのですが、残念だったのはいかにも「写真が趣味ですよ、お金かけてますよ」的な方たちのマナーの悪さが目立ちました。撮影ポイントはおのずと限られると思うのですが、「譲り合い」ではなく「奪い合い」になっていて、撮影のタイミングを並んでいても「割り込み」が目立ちましたし、三脚で撮影しても、三脚の足を被せてきたり、他人の三脚を撮影中に蹴ったりと、自分本位の方ばかりで残念でした。

また、開催側の「こんな芸術なんてわかりませんけどね」といった会話がエリア内で交わされているのも少しムードを壊す感じでした。
来年はもっと癒してくれる時間を提供するイベントになると良いのですが。



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





10/15

先週末は、久しぶりにNikon D5000をバッグに入れて、仕事の帰り道に写真を撮ったりしていました。ここ数週間ブログの更新もしていなかった期間は、本当に仕事とプライベートの用事に追われていて、カメラを手にすることすらも無かったので、薄れてしまった感覚を少しでも取り戻すためにいそいそと撮影に出かけた訳です。

第5回 やましな駅前陶灯路
Nikon D5000 + SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMで撮影

行ってきたのは、京都・山科で10/13(土)にだけ開催された、「やましな駅前陶灯路」です。今年で5回目になるこのライトアップイベントは、山科駅周辺で清水焼や切子グラスを使ったライトアップが行われます。

京都山科観光 やましな駅前陶灯路-おこしやす“やましな”協議会
http://www.okoshiyasu-yamashina.org/ekimaetoutou24.htm

第5回 やましな駅前陶灯路
Nikon D5000 + SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMで撮影

駅近くにある、小さな公園は一面にロウソクでライトアップされていて、通りがかった人とイベント目的で訪れた人で、かなりの人だかりでした。最近は「写真を撮って共有」することにあまり抵抗を感じない人が多くなってきているので、スマートフォンで撮影してアップという人もかなりいました。

第5回 やましな駅前陶灯路
Nikon D5000 + SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMで撮影

陶器の中に浮かんだロウソクの火がチラチラと揺らいで、癒しの空間を作ってくれていました。

第5回 やましな駅前陶灯路
Nikon D5000 + SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMで撮影

毎回テーマがあるそうなのですが、今回は「かぐや姫」だそうです。

第5回 やましな駅前陶灯路
Nikon D5000 + SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMで撮影

各所に「かぐや姫」にまつわるテーマでライトアップされた場所がありました。

第5回 やましな駅前陶灯路
Nikon D5000 + SIGMA 12-24mm F4.5-5.6 II DG HSMで撮影

今回は、みんぽす様よりお借りしているシグマのレンズ「12-24mm F4.5-5.6 II DG HSM」をNikon D5000に装着して三脚で撮影してみましたが、かなり近くで撮影しても奥行のある広角で撮影できるので、面白いですね。「使いこなす」にはやはりスキルが必要なレンズだと思いますが。ただ、安い三脚しか持っていないので、三脚撮影してもブレるブレる(笑)。セルフタイマー撮影でもぐらぐら。

もっとしっかりした三脚を買わないとダメですね。さすがにこの暗さで手持ち撮影を行うスキルも持っていませんし。



にほんブログ村 携帯ブログ Androidへ

にほんブログ村 携帯ブログへにほんブログ村 携帯ブログ NTTドコモへにほんブログ村 携帯ブログ スマートフォンへにほんブログ村 PC家電ブログ デジモノへにほんブログ村 PC家電ブログ 家電・AV機器へ

a quickr pickr post





トップへ | 

カレンダー

プロフィール

カテゴリ

Comments...A

アクセスランキング

3D球体タグクラウド

リンク

参加サイト

広告